スポンサーリンク

キャデラックから「ブラックウィング」と呼ばれる超高性能モデルが登場!これでAMGに勝つる!


アメリカのキャデラックは同社の最高の技術とテクノロジーを搭載した超高性能モデルとして「CT4-Vブラックウィング」および「CT5-Vブラックウィング」を発表しました。
現在発売されている4ドアセダンの2020 CT4-VとCT5-Vがベースになったハイパフォーマンスモデルで両方ともマニュアル・トランスミッションも設定されます。
Cadillac-V-Series-Blackwing.jpg

キャデラックのエグゼクティブ・チーフ・エンジニアであるブランドン・ビビアンは、「ブラックウィングという名前は、キャデラックのパフォーマンスエンジニアリング、職人技、テクノロジーの最高のものを表現するために付けられました。
新しいCT4-VブラックウイングとCT5-Vブラックウイングは、
キャデラックがこれまでに培ってきた最高のパフォーマンス・ドライビング・エクスペリエンスをさらに進化させたものです。

V-Series Blackwing1は、特別にチューニングされたシャシー、車両制御技術、エンジンを搭載しています。
また、各モデルにはマニュアルトランスミッションが搭載されますが、これは多くの高級ブランドでは採用されていませんが、
多くのパフォーマンスドライビング愛好家からの強い要望です。

CT4-V BlackwingとCT5-V Blackwingは、全国のサーキットやロードコースでテストを行っています。
今年初め、バージニア・インターナショナル・レースウェイでは、それぞれの車両が伝説のATS-VやCTS-Vよりも数秒速いラップタイムを記録しました。
CT4-V-Blackwing.jpg
CT5-V-Blackwing.jpg
青いのがCT4-V Blackwingで3.6リッターV6ツインターボエンジンが採用され、
フラッグシップモデルとなる赤いCT5-V Blackwingでは6.2リッターV8ツインターボエンジンが採用され600馬力以上になると噂されています。
世界中でSUVしか売れずに4ドアセダンは不人気になりつつありますが、キャデラックは今でも4ドアセダンを多数展開しています。
なかなかハイパフォーマンス4ドアセダンのMTは無いのでMT愛好家にはVブラックウィングシリーズは良いのかもしれないです。







関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひとつ前のCTS-V借りたけど、エンジン、足回りとも、めっちゃ良く出来てた
ただ、「買う気になれない」のは、プラスチッキーな内装・・・内装は、300万円位のセダンにしか見えないよ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示