スポンサーリンク

BMWグループ2020年第1四半期発表。コロナウィルスの影響で販売台数大幅ダウン。ロールスロイスも売れねぇ


コロナウィルスの影響で現在ヨーロッパでのBMWグループのディーラーは80%、アメリカでは70%が休業状態です。
BMWグループ(BMW、MINI、ロールスロイス)は第1四半期(1月~3月)の売上はコロナウィルスの影響をもろに受けて合計477,111台
2019年の同時期と比較して‑20.6%の販売台数になりました。
BMWは現在、生産工場の操業停止など生産量を需要に柔軟に適応させています。
幸いなのが中国市場が回復の兆しが出てきていると言う事ですが、4月以降この数字が回復するわけないので更に厳しい数字になります。
new-bmw-m340d-xd.jpg


2020年のBMWは去年発表した新モデルのおかげでスタートは好調でした。
中国武漢から発生したコロナウィルスの影響で封鎖などあり、限定モデルなど導入している中国市場で大幅な売上減少が2月から目立ち始めます。
3月にはコロナウィルスがヨーロッパ市場を直撃。
パンデミックの影響はヨーロッパとアメリカの売上高にはっきりと現れました。ヨーロッパのDEALER約80%とアメリカのディーラーの70%が現在コロナウイルスのため閉鎖されています。
ドイツを含む多くの国では、現在、自動車の販売を法律で禁止されています。
ef89w7gr.jpg
BMWは第1四半期に411,809台(-20.1%)車両が出荷
MINIは64449台(-23.4%)
BMWモトラッド(オートバイ)34,774台(-9.9%)
ロールスロイスは853台(-27.2%)

去年と同じ次期と比較して20%以上激減しています。
BMWとMINIブランドのハイブリッドおよび電気自動車は30,692台(+ 13.9%)と伸びてきています。


highRes_new-phantom.jpg
アメリカ市場ではグループ全体で64,692台(-17.4%)が1月~3月迄販売され、
このうち59,455台(-15.3%)がBMWです。

中国市場では116452台と、-30.9%も減少しましたが、3月には販売台数が徐々に回復傾向で、韓国でもよく売れています。
ヨーロッパ地域では220,812台(-18.3%)と厳しい数字でしたが、ドイツ本国では67882台(-9.0%)と最もコロナウィルスの影響が少なかった国です。

BMWの数字を見ると他社も同じく第1四半期は20%~30%ほど売上が減少しているんでしょうね。
日本も明日から緊急事態宣言が出されますが、自動車販売も各社相当キャンセルが出てると思われます。

スーパーカーだとコーンズがフェラーリやランボルギーニなどに200万円割引クーポンを配ったり、
マクラーレンは3年後70%買取保証など各社キャンペーンを行っています。





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

買うなら今だ。

200万円引きとか凄くない!?
トヨタ乗りも見習ってほしいわwww

No title

200万円引きでも確実に利益が出るということだろ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示