スポンサーリンク

無敵の王者ポルシェがル・マンに復活か 


ル・マン24時間耐久レーストップカテゴリーの王者だったアウディとポルシェ。
2社はフォーミュラEへと移行する為にLMP1クラスを撤退した事により、王者不在のル・マンでトヨタが完走すれば優勝という状態が続いて全くつまらないレースとなっていました。
ル・マン24時間耐久レースでは2020/2021からLMP1クラスに変わる新しいカテゴリーとしてハイパーカークラスが存在しますが、
ポルシェはデイトナ、セブリング、ルマンに参戦出来るカテゴリーのLMDhクラスへの参戦を検討しているのが分かりました。
3wr4234r2w3r25t (3)



LMDhクラスとはLe Mans Daytona hと言う意味で、ACO(Automobile Club de l'Ouest)とIMSA(International Motor Sports Association)のレースに参戦出来る共通レーシングカーでIMSAのDPi 2.0クラスとACOのLMP2ハイパーカーに基づく新しいレースカテゴリーになり、2021年9月にル・マンで使用できます。
開発はダラーラ、リジェ、マルチマティック、オレカによって製造され、レーシングシャーシには、自動車メーカーの内燃エンジンを搭載したハイブリッドKERS後輪駆動システムが採用されます。

ポルシェのモータースポーツ部門のゼネラルマネージャー、Pascal Zurlinden氏は最近のインタビューでこう語っています。
「ポルシェはLMDhカテゴリへの参加を真剣に検討していますが、まだ決定はありません。今後発表されるレギュレーションを見て決定します。LMDhカテゴリーでは、同じレーサーが2つのシリーズのレース(WECとIMSA SportsCar)に参加できるのは非常に興味深いことです」
ポルシェがル・マン復帰か (1)
ポルシェがル・マン復帰か (2)
ル・マンハイパーカークラスはアストンマーティンとプジョーが始まる前から撤退を発表しており、
コロナウィルスの影響でセブリング12時間耐久レースとセブリング1000マイルが中止になっています。
ポルシェのLMDhクラス参戦は1月迄だったら普通に期待出来そうでしたが、コロナウィルスの影響で大打撃を受けているメーカーなのでもしかすると白紙になるかもしれません。

もし参戦するとしたらハイパーカークラスのマシンより速そう。





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

確かにルマンはトヨタ一強だが、継続は力なりでもある。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示