スポンサーリンク

アストンマーティン、今後はAMG製V8エンジンから自社開発のV6ハイブリッドへと移行すると発表


4783974nu (1)
アストンマーティンはコスト削減の為、V8エンジンは自社開発ではなく、AMG製の4.0リッターV8ツインターボエンジンをヴァンテージ、DB11、DBXに採用していますが、今後は自社開発の3.0リッターV6ハイブリッドエンジンへと移行する事を発表しました。

新しい自社開発のエンジンは現行のV8エンジン並みのパワースペックを持ち、今の所V12エンジンは継続するそうです。



4739898734olikujui.jpg
V6ハイブリッドエンジンを搭載するのは007の新ボドカーとして採用されるヴァルハラとその兄弟車でハイブリッドを外し、
V6ツインターボエンジンとなったヴァンキッシュになります。
今後はアストンマーティン製V8モデルもV6ツインターボエンジンが採用される可能性があります。

AMGから供給されていたエンジンを自社開発にするのには理由があります。
そもそもAMGが4.0リッターV8ツインターボエンジンから4気筒ハイブリッドエンジンへと移行する動きがある為、
アストンマーティンは自社開発のエンジンになります。
アストンマーティンは100年以上続く歴史の中で一度もV6エンジンを作ってこなかったので初のエンジンタイプになりますが、
もうこの時代V8やV12エンジンに拘る人は少なく、次世代のエンジンはV8自然吸気エンジン並みのレスポンスを発揮するV6ハイブリッドが主流になりつつあります。

アストンマーティンはAMGでも出さなかったV8エンジンのMTモデルも自社で開発してきましたが、
もう各メーカーV8エンジンですら消えて電気自動車のスーパーカーになりそうですね。



与田祐希2nd写真集 無口な時間

光文社 (2020-03-09)
売り上げランキング: 1


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

6気筒はアストンマーティンの原点回帰だね
昔は直列6気筒だったけどまぁ細かいことは気にせずに

自社開発のエンジン待ってました!

AMGもいいけれど、オリジナルエンジンのアストンも見てみたいよねー

金無いのに大丈夫なのかよ?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示