スポンサーリンク

伝説のランボルギーニテストドライバーが新興EVハイパーカーDrako GTEをテストドライブ


Drako-GTE (3)
オラシオパガーニさんと共にランボルギーニで働いていた元ランボルギーニのテストドライバー、バレンティーノ・バルボーニさんがアメリカの新興EVメーカーDRAKO MOTORSのEVハイパーカー「Drako GTE」でサーキットデビューしました。

Drako GTEは各ホイールに電気モーターを搭載し1200馬力/8800Nmを発揮する電気自動車で世界限定25台、1億3500万円で発売されます。


Drako-GTE (1)
Drako-GTE (4)
Drako-GTE (5)
Drako-GTE (2)
デザインはフェラーリ458イタリアやSCG003を担当した元ピニンファリーナのローウィー・フェルメールさんが担当。
フロント、センター、リアに3つのディファレンシャルを搭載。
4つのホイールがそれぞれパワーを調整する事により、オーバーステアとアンダーステア​​をなくしています。
90 kWhの独自開発のバッテリーパックは世界で最も困難なサーキットでのトラックレベルのパフォーマンスに耐えることが可能です。





電気自動車なのにフロント部分には大きなエアインテークがあるのも面白いですね。
Drako GTEはソフトウェアで各ホイールのトルクベクトルを管理する事よってこれまでにない速度、トラクション、精度であらゆるコーナーを曲がることができます。
これにはバレンティーノボルボーニさんも好評みたいですね。
ところでバルボーニさんはアヴェンタドールSV用のチューニングマフラーメーカーとして超ニッチな会社を起業していましたが、
その後どうなったんだろう?


1200馬力を発揮するスーパーセダンDrako GTEがデビュー。なんかどっかでみた事あるデザインだな


バレンティーノ・バルボーニの新ブランド、VB製チタンエキゾースト音オラつき過ぎだろ ほか


ゆるキャン△ 10 (まんがタイムKRコミックス)
あfろ
芳文社 (2020-03-12)
売り上げランキング: 141


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カッコいいな、コレ。
どことなく、フィスカー・カルマっぽく、アストンマーチンっぽく・・・

EVじゃなくて、AMGのM178を積んでくれ!
価格も1億3500万円と言わず、2500万円以下で!・・・ギリギリ買えるかな?

BRZ レベル9999
僕が考えたなんとやらの究極って感じね
 
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示