スポンサーリンク

センターコクピットのGT3マシン SCG 004cが公開。こういうのでいいんだよ


SCG004C-4739 (1)
今の所ル・マン24時間耐久レースハイパーカークラスにも参戦を発表しているスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス。
こちらはハイパーカークラス用のSCG007とは違い、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦するGT3マシン「SCG004C

イタリアにあるクレモナサーキットでシェイクダウンテストが行われました。
このモデルはマクラーレンF1やスピードテールと同じくセンターコクピット3シーターモデルとなる開発中の004Sロードモデルのコンペティションバージョンで、2017年にニュルブルクリンク24のポールを獲得した003Cの後継車です。




公道モデルではセンターコクピットの3シーターになりますがニュル24H用のレーシングカーなのでセンターコクピットのみになります。
最初の一周はオーナーのグリッケンハウス本人が運転しましたが、その後はテストドライバーによって本格的にサーキット走行が行われました。

試乗したグリッケンハウスさんは004Cについて次のように述べています。
「まるで宇宙船だ。コクピットはヘリコプターや宇宙船の様でセンターコクピットなので驚くほど視界が広い。ヘルメットを被っても自分の視界そのものだ。前モデルのSCG 003cと違って004cはレーシングカーと言うよりGTカーの様な乗り心地で素晴らしかった」



SCG004C-4739 (2)
SCG004C-4739 (4)
SCG004C-4739 (5)
SCG004C-4739 (3)
SSC4Cはスムーズかつ安全に運転できます。クリアランスが2インチ大きい新しく設計されたシャーシは、レーシングカーに期待されるよりも印象的な快適さも提供します。この余裕により、ノルトシュライフでのパフォーマンスが向上します。
エンジンはSCG 003cのホンダエンジンよりもかなり多くのトルクを生成します。
シフトアップ時にクラッチがすり減っていたため、クラッチ設定を非常に迅速に再調整する必要さえありました。
ここでは、ギアユニット全体を取り外して再インストールしました。その作業わずか40分で。
これは、このコンセプトが機能し、非常に迅速かつ効率的に作業できることを示しており耐久レースでは有利になります。

エンジンも耐久性に優れており、スペアパーツが競合他社ほど運用コストが高価ではない事もアピールポイントです。





SCG004Cはまず3月のNLSシリーズ(以前のVLN)の開幕戦でデビューし、メインとなる5月のニュルブルクリンク24時間耐久レースではSPXクラスで走る予定です。

SCG P4/5 Competizione、SCG003Cに続いてこのSCG004Cも優勝を狙えるレーシングカーです。



グリッケンハウス007ル・マンハイパーカーが2億3000万円で発売



氷川先生はオタク彼氏がほしい。2時間目 (ファンタジア文庫)
篠宮 夕
KADOKAWA (2020-02-20)
売り上げランキング: 3,025


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういうので日本車欲しいよね

ミラーステーがすごいな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示