スポンサーリンク

ケーニグセグから2.0リッター3気筒エンジンを搭載した1500馬力のハイパーカーが来月公開か


ケーニグセグKG12
ケーニグセグは来年の量産に向け開発中のジェスコをベースに時速500km/hを出せる「MISSION 500」」と言うモデルが、ジュネーブモーターショーで公開されると言われていますが、

もう1台「KG12」と呼ばれるコードネームのケーニグセグ初の2+2シーターのハイパーカーが3月のジュネーブモーターショー2020で公開されると噂されています。



wdaedqeq.jpg
KG12にはレゲーラと同じくカムシャフトレス(フリーバルブピストン)エンジンを採用し、
2.0リッター3気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドエンジンを採用し1500馬力
ケーニグセグ伝統のパノラマフロントガラスとドアを採用したケーニグセグ初の2+2シーターモデルになると言われています。
限定300台、価格は1億6000万円のエントリーモデルになると言われています。



wefrfewrfews.jpg
wae3rdwa.jpg
以前からケーニグセグから4シーターモデルやエントリーモデルが登場すると言われていましたが、
ケーニグセグは確かにNEVS社と提携し今年に新モデルを追加する事を発表する事を1年前に予告していました。
2リッターの3気筒エンジンなんかで1500馬力も出るのかよ?と思う方が多いかもしれませんが、
あのポルシェ919ハイブリッドも2リッターV4エンジンと小型のエンジンを搭載して1000馬力以上出ているので1500馬力はありえそうです。

なにより排ガス規制が厳しいEUでこのエンジンはかなり魅力的な数字です。
昔はV8とV12エンジン以外のスポーツカーはダサいみたいな事言われていましたが、
ケーニグセグがまた時代を変えるかもしれません。



ケーニグセグの低価格モデル(1億円)が来年のジュネーブで公開される事が判明エンジンはV8ハイブリッドになる事も判明





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エントリーモデルで、「1億6千万」って・・・
エントリーすら出来ん。

No title

ケーニグセグの謎技術力ならエンジンだけで700馬力ぐらい出してきそう

パワーだけなら2000馬力は出せるだろうね。おじさんなら覚えてるよね。

レース用エンジンならテンロクで1500馬力とか出てるのもあるし、乗用車じゃなければあり得る数字だと思う。

小型エンジンならどれだけ軽くなるんだろな

このメーカーが発表する技術のワクワク感は異常

中の人は未来人かなにかかも
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示