スポンサーリンク

【開閉までわずか7秒!?】アストンマーティン ヴァンテージ ロードスターが発売開始


Vantage_Roadster_8456-jpg (4)
アストンマーティンはAMG製V8ツインターボエンジンを搭載しているヴァンテージにコンバーチブルモデル「アストンマーティン・ヴァンテージ・ロードスター」をラインナップに追加しました。

ファブリック製全自動ルーフを採用し、ソフトトップの開閉時間は世界最速の7秒以下。
他社では18秒前後だったのに10秒以下の幌はヴァンテージロードスターが初めてになります。



Vantage_Roadster_8456-jpg (1)
Vantage_Roadster_8456-jpg (8)
・2020年アストンマーティンヴァンテージロードスター
4.0リッターV8ツインターボエンジン410PS/685Nm
8速ZFトランスミッション
0-100km/hは3.8秒
最高速度305km/h
車重1590kg
ファブリックフードの開閉時間は7秒以下
他社含めすべてのコンバーチブル車と比較しても最速の開閉時間を実現しています。
価格は1800万円~
納車は2020年第2四半期に開始されます。


Vantage_Roadster_8456-jpg (7)
Vantage_Roadster_8456-jpg (6)
Vantage_Roadster_8456-jpg (2)
Vantage_Roadster_8456-jpg (3)
Vantage_Roadster_8456-jpg (5)
Vantage_Roadster_8456-jpg (4)
クーペと比較し60kg増加したヴァンテージロードスター。
アストンマーティンのコンバーチブルって他社と比較しても重い印象で、予想では80kg~100kgぐらい重くなるだろうと思っていたのに想像以上に軽いですね。

これには新しい軽量のZ折り畳み屋根機構と最適化された外装とシャシーの改訂により、軽量化が実現可能になりました。
アストンマーティンが新開発したソフトトップはパワードZフォールドメカニズムと呼ばれ、これまでのルーフよりもコンパクトなギミックになり軽量化にも貢献しています。
時速50km/h以内で開閉可能で、閉じるのに6.7秒6.7秒、開けるのに6.8秒掛かります。





Vantage_Roadster_8456-jpg (9)
ヴァンテージでは新たなメッシュグリルを採用してきましたが、
ヴァンテージロードスターでは、オプションでアストンマーティン伝統の「ヴェイン」グリルが選択可能です。

ヴェイングリルを付けるとDB11ヴォランテとみたいだね。
それにしもルーフの開閉時間短すぎる。
これまで最速は前世代のBMW Z4がたしか14秒前後だったけどヴァンテージロードスターはどれだけ早く開閉するのか動画みたいですね。

あと噂されていたマニュアルギアボックスは無いようですが、おそらくヴァンテージAMRロードスターでMTが追加されるでしょう。






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

この顔でクーペがほしいかも

口がDB10っぽくていいね

No title

フロントの写真一瞬マツダのロードスターに見えてしまった
 
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示