スポンサーリンク

たった4台しか作られなかったランボルギーニミウラSVJが新車として復活


556288.jpg
パリで開催中のレトロモービルクラシックカーショー2020にて2015年から開設されたレストア専門部門ポロストリコで新車として蘇ったランボルギーニミウラSVJ #4860とこれから修復される予定のミウラP400 Sが展示されています。

このミウラSVJは4台しか生産されなかった幻の1台でシャシー番号は#4860

1973年年にドイツでランボルギーニのディーラーを経営していたレーシングドライバー、フーベルト・ハーネの為に作られた個体です。



556291.jpg
556286.jpg
556289.jpg
556287.jpg
556290.jpg
このミウラSVJのボディカラーは元々ブラックでしたが、1977年にフーベルト・ハーネがランボルギーニに持っていきシルバーへと塗り替えました。
2000年代前半までドイツにあり、その後日本へ転売された後は公開されていませんでした。


そしてミウラSVJの隣にあるボディはミウラP400 S
こちらも数年掛けて完全に修復される予定です。
今年でハラマとウラッコが50周年、そしてディアブロが30周年を迎え、ランボルギーニは9月10日からイタリアでグランツーリスモツアーを開催します。


創約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)
鎌池 和馬
KADOKAWA (2020-02-07)
売り上げランキング: 50



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

美しいなあ~。
だけど、20年ほどでEU圏では走行不可になるのかな

No title

塗装レベルの発展が伺えるなぁ

No title

レストアした個体なら、新車とは言わないんだけど・・・

No title

名車は、オリジナル・シャーシーが美しい。
現代性を加味して、形状に手を加えているのは、あまり魅力を感じない。
各メーカーも、過去の資産を有効に活かして欲しいな。

日本にあった赤いやつもSVJだっけ?

No title

山本昌まだミウラP400SV乗ってザリガニ取り行ってるのか?

最高に美しいんだよなぁ

No title

もう、工芸品よ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示