スポンサーリンク

伝説のストラトスを完全再現されたMAT NEWストラトス1号車が1億円で販売


MAT-NEWストラトスクーペ (7)
フェラーリF430/430スクーデリアをベースとして伝説のラリーカー「ランチア・ストラトス」を MAT(マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ)が2010年に復活させましたがフェラーリからの販売許可が降りず2018年にやっと限定25台のみ発売される事が発表されました

こちらはシリアルナンバー01のMAT NEWストラトスで世界に1台だけのアリタリア・イタリア航空カラーのラリー仕様です。


MAT-NEWストラトスクーペ (1)
MAT-NEWストラトスクーペ (2)
MAT-NEWストラトスクーペ (3)
MAT-NEWストラトスクーペ (4)
MAT-NEWストラトスクーペ (6)
この車両は2009年フェラーリ430スクーデリアをベースとしており、540馬力を発揮する4.3リッターV8自然吸気エンジンが搭載されています。
NEWストラトスに改造する前に3000km走行していた中古車ですが当然エンジンなどオーバーホール済み。
ドイツにて2019年3月25日にナンバープレートを取得しています。

元々はドイツの富豪がピニンファリーナにストラトスを復活させてほしいと依頼し作られた個体で当時フェラーリの会長だったルカ・ディ・モンテゼモロさんはこのストラトスプロトタイプでテスト走行したりサインも付けたりと好印象な状態でしたが、販売する事だけは決して許可を出さず8年間ずっと生産される事はありませんでした。

プロジェクトが未完の状態で終了後ピニンファリーナの特別プロジェクトマネージャーを務めていたパオロガレラは自身の会社Manufattura Automobili Torino(MAT)を経営し顧客のフェラーリF430と430スクーデリアを使用して再びプロジェクトを再スタートさせました。

430を選んだ理由は既に生産終了済みで個体もパーツも豊富にあるからだそうです。
NEWストラトスは430スクーデリアよりも30馬力上の540馬。430スクーデリアよりも50kg軽い1200kgになっています。





MAT-NEWストラトスクーペ (8)
MAT-NEWストラトスクーペ (5)
やはり(´・ω・`)な顔をしているNEWストラトスですが本家ランチアとは一切関係ありません。
このアリタリアカラーと4灯ライトポッドが付いたストラトスは世界にこの1台だけという事でオークションでは8600万円~1億1000万円程度で落札されると予想されています。


【MT厨よ買う時が来たぞ】ジュネーブモーターショー2019でMT仕様のNEWストラトスを発表





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パワーは出てるけど車重1200kgじゃストラトスでは無くて全く別のクルマだな

いりますか?

タミヤのプラモデルが懐かしい
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示