スポンサーリンク

【訃報】モータースポーツ界の偉人ビル・シンプソンさんが亡くなる


84pihhpiviyhcjy (2)
シンプソン・パフォーマンス・プロダクツの創設者でありレースカードライバーだったビルシンプソンさんが健康問題の合併症で亡くなりました。79歳でした。

10代でドラッグレースに挑み、1958年に18歳で重大な事故に見舞われました。レース中の事故で両腕を骨折したシンプソンは重大な事故を防ぐためのアイデアを出しシンプソン・パフォーマンス・プロダクツが生まれ、トップギアのザ・スティグのヘルメットで一躍有名なブランドとして成長しました。


84pihhpiviyhcjy (1)
qwrq24q23we.jpg
防炎加工を施したレーシングスーツを初めて作ったのもシンプソン。
トップ画像のデモンストレーションもビルシンプソン本人が耐火性能をアピールしました。

以下公式ガバ翻訳プレスリリース
インディアナポリス500で1回スタートし、画期的な安全装置の開発で世界的なモータースポーツで有名なベテランレーサービルシンプソンは、12月16日月曜日、インディアナポリスで最近の健康問題の合併症で亡くなりました。彼は79歳でした。

シンプソンは、SCCAおよびUSACインディカー競技会を含む、ドラッグレース、スポーツカーレース、オープンホイールフォーミュラレースのドライバーとして競い合いました。彼は1968年から1977年までに52回のインディカースタートを記録しました。1970年のミルウォーキー200で6位のベストキャリアを含む11のトップ10フィニッシュを達成しました。

南カリフォルニア出身のシンプソンは、ディック・ベイスが所有するアメリカンキッズレーサーイーグルオフィで、1974年のインディアナポリス500で20位、13位を獲得しました。「レースで最高のスペクタクル」での彼の唯一のキャリアスタートでしたが、そのレースで競ったのは生涯の夢と彼の多様なドライビングキャリアの頂点でした。

(Indyの1974年のルーキークラスはここにあります。左から右へ、Tom Sneva、Pancho Carter、Bill Simpson、Jan Opperman、Tom Bigelow、Larry Cannon、Johnny Parsonsです。)

1974年のインディ500ルーキークラス

シンプソンのキャリアのもう1つの注目すべきハイライトは、インディアナポリス500で4回優勝したリック・ミアーズに、1976年のオンタリオ500での彼の最初のキャリアであるインディカーのスタートを果たす車を提供することでした。

シンプソンのレーシングキャリアは、1977年5月のインディアナポリス500のプラクティスラップ中に終了しました。レースセーフティ製品ビジネスのために、毎時200マイルでレースカーを運転するよりも電話が必要だと気づいたときです。その実現により、彼はヘルメットをその場で永久に吊るし、F1のベテランであるクレイ・レガッツォーニが席に着いた。

カラフルなシンプソンは、南カリフォルニアでティーンエイジャーとしてドラッグレースで彼の運転キャリアを始めました。モータースポーツの安全性に関する彼の仕事は、1958年に18歳でドラッグスターをed落させ、2本の腕を骨折したときに偶然に始まりました。回復期間中、シンプソンは、ガレージにあるレンタルミシンで試行錯誤して、より洗練された専用のパラシュートを考案および開発し、フィニッシュラインの後のドラッグスターを遅くし、シンプソンドラッグシュートという会社を設立しました。

これらの謙虚な始まりは進化し、シンプソンパフォーマンス製品とインパクトに成長しました!レーシング、ヘルメット、手袋、難燃性ドライバースーツ、シートベルトなど、世界中のすべてのシリーズのドライバーが使用する200以上のモータースポーツ安全製品を設計、開発、生産した大成功企業。

おそらくシンプソンの最大のレース安全性のブレークスルーは1967年に来ました。彼はNASAの宇宙飛行士とレース愛好家のピート・コンラッドを通してNomexと呼ばれる耐熱性ファブリックに導入されました。

シンプソンは、ノーメックスで作られた世界初のレーシングスーツを作成し、5月にインディアナポリスモータースピードウェイに持ち込みました。そこで、スタートフィールドのほぼすべてのドライバーがすぐに使用する安全感覚となり、現在ではすべてのレースドライバーの標準装備となっています。ノーメックスのスーツとヘルメットを着用して、シンプソンはデモ中に発砲し、長年にわたって何度かスーツの有効性を証明しました。

モータースポーツの安全性に対するこれらのたゆまぬ貢献は、2003年のモータースポーツ殿堂入りや2014年のインディアナポリスモータースピードウェイ殿堂入りなど、多くの称賛と栄誉をもたらしました。

シンプソンは、「レーシングを安全に、危険に生きる」とその続編「火を通して」という2冊の本を書くことで、レースにおける彼のカラフルで充実した人生を記録しました。

モータースポーツの安全会社の大成功にもかかわらず、シンプソンはインディアナポリス500の予選と競技の彼の魔法の年を決して忘れませんでした。

彼は毎年5月にベテランの活動のためにスピードウェイに戻りました。これには、ファイアストーンが贈ったレジェンドデーのファンのためのドライバーサイン会への出演が含まれます。シンプソンは、仲間のカラフルなモータースポーツ界の大御所やインディアナポリス500のベテランチップガナッシとのセッションに頻繁に出席し、IMSミュージアムの情熱的なサポーターでした。

シンプソンは息子によって生き残りました。彼は敬devな動物愛好家でもあり、その動物園には愛犬、マイア、ラクダ、その他のペットが含まれていました。彼の人生のお祝いは、今年5月にIMS博物館で計画されています。





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示