スポンサーリンク

レーシングマシンの技術を搭載した限定車【マクラーレン620R】デビュー


617-McLaren-620R- (6)
マクラーレンは2017年から活躍するGT4クラスレースカーの570S GT4から派生したNEWモデル【マクラーレン620R】をデビューしました。
570SGT4の公道モデルで世界限定350台のみ生産されます。

価格は250,000ポンド
2020年2月から納車が開始されます。


マクラーレン620Rは、マクラーレンGT4レースカーの公道バージョン


620RはGT4クラスのレギュレーションを受けずにモータースポーツの技術を最大限に発揮させたモデルで、
570S GT4の空力ハードウェアとシャーシコンポーネントを共有し、レースカーのパフォーマンスと感触、およびあらゆるスポーツシリーズモデルの最速ラップタイムを提供します。

エンジンはGT4マシンと同じリカルド製M838TE型3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載し620PS(610馬力)/620Nm
600LT含むマクラーレンスポーツシリーズで最も高性能なモデルになります。
620R用の新しい空力パーツでは時速250km/h時に最大185kgのダウンフォースを発生させます。
タイヤはPirelli P Zero Trofeo Rタイヤですが、オプションでピレリスリックタイヤを選択する事も可能です。(公道走行不可)


617-McLaren-620R- (5)
617-McLaren-620R- (4)
617-McLaren-620R- (3)
カーボンセラミックブレーキ、センターロックホイール、口ステンレス鋼スポーツエキゾースト
カーボンファイバーレーシングシート、6点レーシングハーネス、専用サスペンションなど基本はサーキット走行のスペックを持つ公道モデルです。

0-100km / h 2.9秒
0-200km / h 8.1秒
最高速度322 km / h

乾燥重量1,282kg(燃料90%時1,386kg)




620Rに標準装備されている3色の外観はすべて、GT4レースカーからインスピレーションを受けています。
マクラーレンオレンジ(レーシングストライプが白)、
シリカホワイト(オレンジストライプ)、
オニキスブラック(オレンジストライプ)
それぞれにレース番号デカールと/またはパートナーのステッカー、
さらにボディカラーは、MSOラインビルドパレットで利用できます。
マクラーレンセナGTRにインスパイアされた、より高級なデカールのカラーリングも用意されています。
617-McLaren-620R- (2)
617-McLaren-620R- (1)
ルーフスクープ入りの620RはMSOの専用オプションです。
675LTと同スペックの600LTよりも更に上位モデルを出してきたマクラーレン。
600LTやセナの様なトップエキゾーストではないのがちょっと残念ですがGT4クラスの空力パーツに馬力を無視した感じのモデルですね。
620Rが登場した事によって720S GT3の公道モデルも今後登場する事が確定しました。
マクラーレン620Rは日本円で約3500万円です。


サーキットの技術を搭載したマクラーレン620Rがリーク


マクラーレン720S GT3Xがまもなく発表






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示