スポンサーリンク

【タイヤもIoT化】Pirelliがインターネットに接続するタイヤを発表&またまたフォードGTが転売される


475iyhvii (2)
フェラーリやランボルギーニ、パガーニ、アストンマーティンやF1などに供給しているタイヤメーカー、ピレリはタイヤにインターネット機能を搭載した「Pirelli Cyber Tyre」を発表。
センサーやプロセッサを搭載したコインサイズのチップがタイヤに埋め込まれ路面状況を感知して自分の車には勿論周囲の車にもデータを共有し未然に事故を防ぐ新しい技術です。


例えば、水たまりを横切る場合、クラッシュするのを防ぐのに当然役立ちますが、サイバータイヤではあなたの後ろの他の運転手に危険が先にあることを警告します。タイヤがこれらの悪条件を感知した場合、エンジンマッピング、トラクションコントロール、またはサスペンション設定を調整するように車に伝えることができます。タイヤは、トレッドの深さ、タイヤの空気圧、タイヤの温度、多軸加速度などの重要度の低い情報も監視できより安全に走行できるとしています。
まだ試験段階ですが、同じ様な技術が既に運送業界で使用されており、タイヤの空気圧をチェックする時間を大幅に節約でき事故を未然に防げます。
475iyhvii (5)
これも5G通信技術のおかげで可能になると言っていますが、下り1GB程度の通信速度の5Gで未来が変わるとか夢見すぎ。
何度も言うけど4Gが出た時も全く同じ事を言ってた事を絶対忘れてはいけないし、1テラぐらいの通信速度が出る通信技術が出ないかぎり100パー変わらんから。みんな5Gに過信しすぎ。
それに来年から日本でも5Gスタートするけど全国で一斉に使えると勘違いしている人大杉。
最初は都市部のみで下りのみ5Gとかだと思うよ。

かっぺが5G使えるには数年先。






世界一転売されまくってる車「2017年フォードGT」がまた転売される


24ヶ月間は転売する事が禁止されている限定車フォードGT。
ワイルドスピード9にも出演が決まっているジョン・シナがブランドアンバサダーだったのも関わらず納車から1ヶ月後には既に売っていた転売ヤーだったのでフォードから訴えられた事で話題にもなったリキッドブルーのフォードGTがまたまたオークションに登場しています。
864[@poijuygtfrdfgyuhji (8)
実はこの#77リキッドブルーのフォードGTは今年5月18日に開催されたMecum's Indy 2019で出品され、1年で5回もオーナーが変わる予定でしたが、今年の1月にフォードがジョン・シナとMecum Auctionsが和解した事により急遽出品がキャンセルされました。

Mecum Auctionsは2020年1月2日からフロリダ州キシミーで開催されるオークションに再びジョン・シナのフォードGTを出品させます。
これまで短期間で4人のオーナーのモノでしたが走行距離は1000km。
5人目のオーナーをまた探す事になります。
予想落札価格は定価の約2倍の1億円以上と言われています。
最近になりやっと初期ロットのフォードGTの中古車が24ヶ月間転売禁令から開放され出回っていますが、
まだ10台も出品されていないのでまだまだプレミア状態は続くと思われます。






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示