スポンサーリンク

マクラーレンはいよいよV6ハイブリッドを来年のジュネーブで発表か?


マクラーレンエルヴァプロトタイプ初披露 (1)
マクラーレンはこれまでにP1シリーズとスピードテールでハイブリッドモデルを発表し、今後はP1の後継モデルも追加する事を決定しています。
マクラーレンのマイク・フルウィットCEOは既にトラック25事業計画を発表済みで、2025年までに全車ハイブリッド化する事をコミットメントしています。

そしていよいよ来年春にはイギリスのリカルド社製の新型V6ツインターボハイブリッドエンジンを搭載したモデルがデビューします。


マクラーレンCEOは今後3~4年以内にカーラインナップを完全ハイブリッドにする予定


次期プラットフォームでは電気モーターだけで25km~30km前後走れるように開発し、
これまでのミッドシップエンジン+フロントアクスルに電気モーターを搭載したハイブリッドで0-100km/を2.4秒で到達させる計画。

800PS(789馬力)のマクラーレンセナでさえ0-100が2.8秒なのでハイブリッド化する事によって更にパワーを得て2.4秒と言う素晴らしい加速性能を持つと言われています。
マクラーレンは来年春までに正式にハイブリッドパワートレインの仕様を公開し、年末迄に新型車を登場させ2021年春には発売します。
マイク・フルウィットCEOは現世代のマクラーレンよりもわずか30kg重くなる事だけを目標に開発を進めています。
重量がこれだけに抑えられると言う事はV8よりもV6ツインターボエンジンの可能性が高くなります。




いよいよリチウムイオン電池に変わってソリッドステートバッテリーを採用か?


現代のハイブリッドの主流はリチウムイオン電池です。
これは皆さんのスマートフォンや家電製品の全てに使われているバッテリーですがスポーツカーには重すぎるのが問題で、
マクラーレンのパフォーマンスには今の所向きません。
2023年~2025年迄にリチウムイオンバッテリーに比べ重量が軽く大容量のソリッドステートバッテリーが商用化されると言われていますが、マクラーレンにはまだまだ搭載される可能性は低いと予想されています。


フェラーリSF90ストラダーレ-オンラインカーコンフィギュレーター (3)
aston-martin-valkyrie 74398) (4)
ライバルメーカーは既にフェラーリSF90ストラダーレやアストンマーティンヴァルハラなど既に次世代へ向けハイブリッドを発表しどれも1000PS程度のパワーを発揮するのでマクラーレンのハイブリッドスポーツカーも1000PS程度になると思われます。


マクラーレン、エンジン開発の為リカルドと契約更新





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示