スポンサーリンク

開発が遅れていたメルセデスAMG ONEが2021年に納車される事がやっと決定


AMG-ONE@894 (5)
メルセデスW05ハイブリッドと同じF1マシンのエンジンをそのまま搭載する事で話題だったAMG製ハイパーカー「メルセデスAMG ONE」
このF1のエンジンをそのまま市販車に搭載するのにはかなりの技術面で困難な問題が発生し納車次期が遅れに遅れていいましたが、最近になりやっと納車次期が2021年になると判明しました。

2017年に発表後すぐ限定275台は完売しすぐ発売するのかと思いましたが、やっと2021年発売ですか。
どうせ2021年後半だとは思うけど、もう遅れたりしないよね?


AMG ONE発売の遅れの理由はF1マシンと同じV6ツインターボエンジンを排ガス規制や騒音規制など様々な法律に対応させる為


メルセデスは通常5,000RPMでアイドリングするF1のエンジンをWLTP排出基準を満たすために、5,000RPMから1,200RPMまで下げても安定してアイドリングを保ちつつ、排出ガス試験要件を満たすことに苦労しました。
またレースエンジンであるため、欧州の音響規制を満たすことも困難であることが証明されていますし、もう二度とレース用のエンジンが量産車に搭載される事は無いと思われます。
メルセデスのMichaelKnöller氏はこの2つの問題の解決策を見つけ、2021年発売する目処がたったと発表しています。

当然F1マシンのV6エンジンは市販車のV6エンジンとは回転数もそうですが、耐久性も全く異なります。
F1マシン単体でエンジンを起動する事も出来ないのでここも市販車様に変更されます。
AMG ONEは最大15,000 rpmまでエンジンが回ると言われていますが、これだけ高回転のエンジンですと寿命は短くエンジンのメンテナンスだけでも相当な維持費が予想できます。
AMG-ONE@894 (2)
AMG-ONE@894 (3)
AMG ONEは約3億2900万円で世界限定275台が発売され2017年の時点で既に完売済み。
オーナーの中ではなかなか納車されないので既に4億3000万円でビルドスロットを転売している人も居ます。

メルセデスAMG ONEはアストンマーティンヴァルキリーのライバルになりますが、
ル・マンハイパーカークラスに参戦するのかはまだ発表されていません。



開発が遅れていると伝えられているAMG ONEプロトタイプの走行シーンがVIPに公開





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ナマズのようなデザインは
市販するまでにもっとカッコよくして欲しいな

↑実車見たことあるの?
俺は東京モーターショーで見たことあるけど、心配しなくてもいいぞ。

ナマズだ。

デチューンされたPUと言っても5000km走行くらいでOHだと思うが
1回いくらになるんやろな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示