スポンサーリンク

ランボルギーニVGTが11月24日ついに公開!モーター音もするしエンジンもするぞ!?


ランボルギーニVGT
東京モーターショー2019でフルエレクトリックのジャガーVGTがデビューしたばかりですが、グランツーリスモSPORT2019ワールドファイナルinモナコにてついにランボルギーニヴィジョングランツーリスモがデビューします。

ランボルギーニのVGTプロジェクトはPS3で発売されたGT6時代に発表されていましたが、いよいよ2019年11月24日(日本時間では25日深夜)に公開されます。



電子音と共に光るテールライト、
そしてV12自然吸気エンジンのサウンドが鳴ります。

まだ全然分かりませんがおそらくマサチューセッツ工科大学と共同で開発された未来の電気自動車2030年ランボルギーニテルツォミッレニオのレーシングモデルっぽいですね。
テルツォミッレニオ自体VGTっぽいデザインでしたがシルエット的にはセンターコクピットのシングルシーターっぽくにも見えます。
rer019-0000o9ifuydtsydrrer1 (3)
リアデザインは「Y」を基調としたデザインでリアディフューザーもかなりエグいデザインになっています。
フロントデザインはシアンやテルツォミッレニオになると思われます。




はDuke Dynamicsが現在作っているアヴェンタドール用の最新ボディキット


wr33794397rwerew (1)
wr33794397rwerew (3)
wr33794397rwerew (4)
wr33794397rwerew (2)
ランボルギーニアヴェンタドールワイドボディキットは、ランボルギーニアヴェンタドールLP700-4および新しいアヴェンタドールS(LP740-4)に合うようにカスタマイズされています。最新技術の3Dレーザースキャナー、3D CADソフトウェア、CNCマシンを使用して設計および作成されました。キットは、オートクレーブプリプレグカーボンファイバーで作られた22個で構成されており、FRPでも入手できます。

ボディパネル、フロントフェンダー、リアフェンダーの切断は完全に交換部品です。将来的に車を販売することにした場合は、元の状態に戻すことができます。


w3rq34q3r (1)
w3rq34q3r (2)
最新のアヴェンタドールSVJ風のパーツとチェンテナリオのリアリアディフューザーを組み合わせたデザインのボディキットで3Dプリンターで作られ価格は380万円~540万円ほど。
初期モデルのアヴェンタドールオーナー向けの製品ですね。

最近では3Dプリンターとかスキャナーが進化して1/18スケールのダイキャストモデルからスキャンしてフルスケールに拡大して印刷とかも出来るらしいね。



Lamborghini Miura: Die Geschichte eines Traumsportwagens
Joe Sackey
Heel Verlag GmbH
売り上げランキング: 193,586


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示