スポンサーリンク

納車開始されたばかりのマクラーレンセナGTRが早速オークションに出品


セナGTR販売 (6)
公道走行不可の最新レーシングカー「マクラーレンセナGTR
世界限定500台のマクラーレンセナをベースに更に軽量化し馬力も上げたトラック専用モデルで世界限定75台のみ生産されます。
納車が始まったばかりの初期ロットで白いセナGTRのシリアルナンバーは17。

1995年マクラーレンF1GTR、2014年マクラーレンP1GTRに続いて登場した2019年セナGTRは一体幾らで落札されるのか?


セナGTR販売 (11)
マクラーレンがそのモデルの1つにGTRモニカーを塗ることを決めたとき、それは深刻な考慮と先見なしではありません。過去30年間で3回だけがWokingの製品が価値があると見なされており、元のGTRである1995年のマクラーレンF1 GTRは、24時間のル・マンの称賛のリストで完全な勝利を主張することができます。ハイパーカーがますます頻繁に発表されており、それぞれが比類なきレベルのパフォーマンスを約束しているとき、発売前の約束を果たし、最も敬意を払うのは実績のあるレースの血統を持つものです。最も成功したレーシングドライバーであるアイルトン・セナの記憶に捧げられたマクラーレンのGTRバージョンよりも血統が高いものはありません。

マクラーレンセナは当初から最もトラック中心のロードカーであると考えられていましたが、GTRバージョンは、マクラーレンがこれまでに製造した中で、本格的なフォーミュラ1カー以外の最も速いトラックカーになることを目的としています。マクラーレンオートモーティブのCEOであるマイク・フルウィットは、プロジェクトの精神を要約し、「ロードカーの法律やモータースポーツの競争ルールの制約から解放されることで、サーキット走行能力を他の人に高めるために技術的に可能なことの限界を押し上げた」と述べましたレベル全体」。

やや顕著に、エンジンは標準のセナと同じM840TR 4.0リットルターボ過給V-8のままであり、ドライサンプ潤滑、ロッドとピストン用の軽量素材、超低慣性のツインスクロールターボチャージャー、即座にスロットル応答するための電子ウェイストゲートを装備。ただし、GTRが道路で合法化されることを意図していないため、インコネルとチタンの排気システムから二次触媒が取り除かれ、より多くの電力を解放し、見出しの数字を814 bhpおよび590フィートポンドの巨大なものにしますトルク。したがって、標準のセナよりも加速が遅くなります。つまり、0〜60 mphの時間は2.8秒未満、0〜124 mphの時間は6.8秒未満です。

パワートレインの変更は微調整と見なすことができますが、空力特性の変更ははるかに包括的なものです。確かに、GTRは、セナが提供する空前のパフォーマンスの比類のないレベルを別のレベルに引き上げます。フロントのリプロファイリングされたフロントスプリッターの外側の端には渦発生器があり、車の下の空気の流れをスムーズにします。一方、後部では、巨大なリアウィングがLMP1スタイルのエンドプレートに取り付けられ、さらに後方に配置され、気流のより高い位置に配置されています。セナは155 mphで800 kgのダウンフォースを生成できましたが、GTRはバーを1,000 kg以上に上げ、標準のセナと同じ数値を15%低い速度で増加させることができます。

驚くべきことに、改良点には抗力係数へのコストがかかりません。これはロードカーと同じです。カーボンファイバー製のMonocell III-Rのタブも、路上走行モデルと同じですが、フロントトラックが増加し、特注のスリックPirelli P-Zeroタイヤに包まれた新しい超軽量鍛造合金ホイールがそれ自体がゴムで覆われたより重い道路行きの変形は、路上での使用のために自然に損なわれました。車には速度の低下や道路の欠陥をナビゲートする必要がないため、サスペンションは修正され、トラック用に最適化されました。これらの変更の結果は、空力性能がそれほど重要ではない低速コーナーでの性能を改善するための機械的グリップの著しい改善です。

アクティブなエアロエレメントも前部と後部の機能を維持し、ノーズウィングレットがダウンフォースのためにボディの下に空気を導き、必要に応じてラジエーターとオイルクーラーを通過させます。さらに、前述の巨大なリアウイングは油圧によって制御され、運転シナリオに合わせて絶えず動き、エアブレーキとして機能するか、ダウンフォースを増やすか、アクティブな「抗力低減システム」(DRS)の一部として抗力を調整します。翼が純粋にエアブレーキとして機能するため、この車は3 gの減速力を発揮できます。これは、セナのロードカーよりも20%大きくなります。

レース用に最適化された変更はコックピット内でも継続され、VBOX HDデータロガー、カーツーピット無線システム、FIA承認の6ポイントレーシングハーネスがエアバッグやハンドブレーキなどのロードカーの必需品に取って代わります。プレキシガラスはメガネに代わるものであり、道路を走るセナの特徴である透明な「サイドブレード」でさえ、すべて軽量化の名目で純粋な炭素繊維パネルと交換されます。その結果、空気圧ジャッキシステムなどのレーシング必需品を搭載しているにもかかわらず、実際には重量が11 kg減り、液体なしで1,188 kgのスケールを傾けることができます。

この特定の例は、走行距離計にゼロマイルの真新しい車として販売されています。それはマクラーレンの現在のハイパーカーの究極のバージョンであり、工場がこれまでに建設した中で最も強力でトラック中心の非ハイブリッド車である可能性があります。75の例の1つにすぎないため、これは非常に特殊なマシンを取得するための本当にユニークな機会になります。
以上ガバ翻訳
セナGTR販売 (10)
セナGTR販売 (8)
セナGTR販売 (7)
セナGTR販売 (5)
セナGTR販売 (9)
セナGTR販売 (4)
セナGTR販売 (3)
セナGTR販売 (1)
今朝紹介したフェラーリFXX Kと同じく11月30日にアブダビで開催されるRMサザビーズオークションに出品されます。
2019年マクラーレンセナGTR(#17)は走行距離わずか64kmの新車
勿論ワンオーナーで一度も走らせていません。
セナGTRの納車はまだ始まったばかりでまだ75台全て納車されたわけではないので非常に珍しいです。
4.0リッターV8ツインターボエンジンは800PSから825PSへとアップし、LMP1スタイルのリアウィングの他専用の空力パッケージでダウンフォース性能は800kgから1000kgへと向上しています。
サスペンションなどは公道仕様からサーキット専用仕様にアップグレードされており現在モーターアシスト非搭載の最強のレーシングカーです。

予想落札価格は1億6000万円~1億9000万円程度と3億円~4億円程度で取引されていたP1GTRよりもだいぶ安く見積もられています。



娘の友達(2) (モーニング KC)
萩原 あさ美
講談社 (2019-11-13)
売り上げランキング: 665


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示