スポンサーリンク

ゴードン・マレーのV12ファンカーは第2のバージョンT50S Track Speedが発表


qwe4eq24q2442qw (2)
GMA(Gordon Murray Automotive)はマクラーレンF1を設計した本人が真のマクラーレンF1後継モデルとして発表したハイパーカー「T.50 SUPER CAR」が世界限定100台のみ発売されるとアナウンス済みですが、早速派生モデルとなるT50S Track Speedが発表されました。

その名の通りトラック専用モデルのV12ファンカーで台数は25台に制限されます。


qwe4eq24q2442qw (1)
T50スーパーカーはマクラーレンF1と同じく2ドア3シーターで3.9リッターV12自然吸気エンジンを搭載し650馬力。
エンジン最大回転数は12000rpm。
そして車重はわずか980kgととんでもないスペックを持つハイパーカーです。
6速マニュアルトランスミッション設定のみでターボチャージャーやモーターアシストは一切ありません。
「ファンカー」のテクノロジーを搭載した究極のハイパーカーで2022年から生産開始され価格は2億7000万円で発売されています。


T50S Track Speedはその派生モデルで車重は980kgから900kgへと更に軽量化。
これはサーキット専用モデルなのでヘッドライトの他、エアコンや消音素材など快適装備を一切省き徹底的に重量を削ぎ落としていると思われます。
公開されている情報はトラック専用モデルと重量が900kg以外エンジンスペックが上がるのかも不明ですが、650馬力から700馬力程度まではそんなに難しくなさそうですし、エンジンパワーそのままはありえないでしょう。

流石にトラック専用モデルとなると6速MTではなく、パドルシフトになりそうですがこの辺の情報も後々開示されるでしょう。
T50S Track Speedの価格は3億4000万円だそうですが、あのゴードン・マレーが再び設計した車なので公道モデルと合わせ合計
台ぐらいすぐ売れそう。

あとはTVRグリフィスを無事生産されるのを待つだけだな。
※なかなか生産されないのはTVRが悪いのではなく法律問題が原因。


【ファンカー好きにはたまらん】ゴードン・マレーのV12スーパーカーT50はこんなデザインになる?


真のマクラーレンF1の後継モデル「T.50スーパーカー」の一部が公開。スペックがマジでバケモノ





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ここにこの車買う人いないのかなぁ。

いるよ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示