スポンサーリンク

来年のル・マン参戦マシンとなる2020年フェラーリ488 GT3 EVOデビュー


ferrari488_gt_evo (1)
フェラーリはワンメイクレース用の488チャレンジEVOに続いて来年のinternational GT championshipsなどに参戦するNEWマシン2020年フェラーリ488 GT3 EVOをムジェロ・サーキットでローンチしました。

488チャレンジEVOの様な見た目が過激なエアロパーツは付いていませんが、
18,000時間を超える計算とCFDシミュレーションや風洞実験などで新開発された新しいフロントバンパー、新しいスプリッタ、新しいサイドスカート、新しいスポイラーなど空力パーツが一新されています。



2020年にメインの国際GTチャンピオンシップに参戦する488 GT3の新しいバージョンは、ムジェロのフェラーリフィナーリモンディアリで発表されました。新しいEvoパッケージは、フェラーリがマーケの歴史の中で最も成功した車の特定の側面をさらに洗練させたいという願望の結果です。これは、そのトラックの経験と488 GT3と競合するチームからのフィードバックから派生した革新的なコンセプトを使用して達成されました。



ferrari488_gt_evo (5)
空力、ビークルダイナミクス、人間工学、安全性、信頼性が開発の主な焦点であり、もちろん、すべてがFIA規制によって課せられる厳しい出力と空力効率のパフォーマンス制限に準拠しています。

エンジニアは、488 GT3 Evo 2020の空気力学を磨いて、新しいフロントエンドデザインが大きな貢献をすることで、車の安定性を高めました。18,000時間を超える計算とCFDシミュレーション、それに続く風洞試験により、ヘッドライトの下に小さな前部を備えた新しいバンパーの設計が行われました。これにより、1対のフリックを導入してより多くのダウンフォースを生成し、スプリッター内のベーンを回すことにより、エアロバランスを変更せずに車をより安定させることができました。空力開発は488 GT3の前面の他の領域にも拡張されました。翼の上部の通気口は現在のモデルよりも大きく、ドアの前部はより効率的に横方向に流れるようにテーパが付けられています。リアウィングの通気口も完全に再設計されました。



ferrari488_gt_evo (4)
488 GT3の車両ダイナミクスは成功の鍵であり、この領域は新しい488 GT3 Evo 2020でさらに改善されました。488GTEのようにホイールベースが長くなり、タイヤの使用を最適化し、タイヤの摩耗を減らし、GT3からGTEへの変換を容易にします。
また、エンジニアは車の重量を減らすことに注力し、その結果、より多くのバラストを使用してパフォーマンスバランスによって課せられる最小重量を達成できるため、重心が低くなります。さらに、トラクションコントロールやABSを含むすべての車両のダイナミックコントロールが最適化されています。


ferrari488_gt_evo (3)
エンジン、シリンダーバンク間の角度が90度のツインターボV8のパフォーマンスのアップグレードも、コンポーネントの変更も行われていません。ただし、信頼性を向上させ、よりスムーズで正確なトルク伝達を保証する新しいエンジン管理システムの恩恵を受けます。


ferrari488_gt_evo (2)
エンデュランスレースは、スプリントレースの延長にますます似ているほど進化しました。これには、コックピットを含む細部への細心の注意が必要です。488 GT3 Evo 2020は、新しいFIA安全規制を満たす新しいシートを発表します。GT3とGTEの両方でSabeltと共同開発されたこの製品は、剛性と堅牢性が高いだけでなく、新しいベルトと新しいバックルで2.4 kg軽量です。



ferrari488_gt_evo (6)
追加の24H / Enduranceパッケージは、その特定のタイプのレースに興味のあるクライアント向けに特別に設計されています。基本装備には、追加のヘッドライト付きフロントバンパー、エンジンオイルとクーラント用のクイックフィルカップリング、カーボンファイバークラッチ、GTEから採用されたブレーキキャリパー、スチールホイールナットが含まれます。オプションの機能には、クーラントレベルと警告灯による給油完了のセンサー、およびルマンタイプの4,500ルーメンLEDメインヘッドライトが含まれます。

勿論2020年仕様の488 GT3 Evoは既存の車輌にアップグレード出来る様にパーツだけ発売もされます。


エンジンの信頼性が向上し、レースの人間工学と安全性が向上しました。
ホイールベースが増加し、タイヤの摩耗が少なくなり、重量が削減されています。
トラクションコントロールやABSを含む自動車の電子システムはすべて改善され正にエヴォリューションモデルです。
そしてこれまでのモデルとは異なり、488 GT3 EvoではGT3からGTEのへの変換が容易になっているのが特徴でル・マン24時間耐久レースにも参加できます。

GTEマシンの技術も入った最新のGT3マシンとして来年から活躍します。


フェラーリ488チャレンジEVOが世界初公開



ラブライブ!サンシャイン!! FOURTH FAN BOOK

KADOKAWA (2019-10-30)
売り上げランキング: 461



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ゾゾって書いてあんのかと思ったわ

フロントフェンダーのエア抜きがF1並にエグいな

※2
フロントタイヤで生まれた乱流をアウトウォッシュしとるね
これは他社もマネしそう

No title

フロントをちょっとぶつけたら修理交換で200万ぐらい掛かるんかなw

2020と
ZOZO似ている

思いの外488で引っ張るんだな〜。このタイミングで488GT3のEVOモデルをリリースするってことは、F8もしくはSF90ベースになるであろう次世代のGT3車両のデビューは2、3年後だな

No title

木村さんも使うって言ってたな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示