スポンサーリンク

2021年アストンマーティンヴァンテージロードスターが公開


ヴァンテージロードスター (3)
アストンマーティンから今後デビューする事が決まっているヴァンテージロードスターのプロトタイプが公開されています。
新生ヴァンテージシリーズと言えば自社製ではなく、メルセデスAMG製4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載したアストンマーティンのエントリーモデルとして現在はレーシングカーの他、限定車でマニュアルトランスミッションのヴァンテージAMRが存在しています。

当然他社ブランドと同じくコンバーチブルモデルも設定されるわけですが、2021年モデルとなるアストンマーティンヴァンテージロードスターは年内発表予定で来年春からディーラーに並ぶ予定です。


ヴァンテージロードスター (4)
最近はコルベットC8などもハードトップ化されていますが、2021年モデルのヴァンテージロードスターもDB11やDBSスーパーレッジェーラと同じくソフトトップのオープンカーになります。
ライバルとなるのは新しいポルシェ911カブリオレあたりでしょう。

ヴァンテージクーペの車重は1530kgで0-100km/hが3.6秒、トップスピードが314km/h
エンジンはAMG製4.0リッターV8ツインターボエンジン510PS/685Nmでした。
ヴァンテージロードスター (1)



ヴァンテージロードスターはエンジンスペックや最高速度は変わらず、おそらく加速度が0.1秒程遅くなり0-100が3.7秒ほどになり、
重量が電動式ソフトトップを採用した事によって100kg程増量すると思われます。

DB11ヴォランテがDB11 V8と比べ120kg、
DBSスーパーレッジェーラヴォランテがクーペと比べ170kgも増えている事からヴァンテージロードスターもかなり重量が増えるでしょう。100kg以下はありえないですね多分。

ヴァンテージロードスター (2)



他のモデルもそうだけどアストンマーティンのオープンカーってめちゃくちゃ重いんだよなぁ。
コルベットC8コンバーチブル見習ってほしいわ。
まだ公式からの情報出ていないが電動式ハードトップでわずか36kg増えただけらしいよ?
ヴァンテージロードスターの幌がどう駆動するのか分かりませんが、電気モーターではなく従来の油圧式を採用しているのかもしれません。


【究極のオープントップGT】アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラヴォランテ3700万円~発売



神楽めあ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ルミナスボックス (Luminous Box) (2020-06-30)
売り上げランキング: 13,386


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ほんとかっこいい
だいすき
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示