スポンサーリンク

2020年コルベットC8コンバーチブル、電動ルーフなのにクーペと比べわずか36kg増加だけで済ます偉業を達成


Corvette Stingray 2020
昨日C8.Rレースカーと共にケネディ宇宙センターにてデビューした2020年シボレーコルベットC8コンバーチブル。
コルベットでは初めてのハードトップと油圧式ではなく、電気モーターで駆動し16秒で開閉が可能になっています。

オープンカーの弱点はルーフが開閉するギミックが入るので他社と比較しても車重が50kg~100kg前後増加して加速度が0.1秒程劣化するのが当たり前でした。

まだシボレー公式から正確なスペックは公開されていませんが、コルベットC8コンバーチブルはクーペと比べわずか80ポンド(36kg)のみ増加しただけで済んでいると言われています。



EF6U36HX0AAIXWe.jpg
昨日の速報では46kg増と言われていまして、それでもかなり軽いなと言う印象でしたが、
本当に36kg増加しただけで済んだの?こんな軽い電動式ハードトップなんてあるのか?
これも油圧式から6つの電気モーターへと変わった恩恵なんでしょうか?このハードトップにどんなギミックが隠されているのかが気になります。


ライバルのミッドシップスーパーカー達はみんなオープン仕様が設定されており、コルベットもライバルに立ち向かう為クーペとほぼ同じタイミングでのデビューとなりました。

シボレーは第8世代のコルベットから右ハンドル仕様を導入し、世界中でNEWスティングレーを普及させる計画です。
このデザインと性能で信じられない位安いのはさすがアメリカの大企業といった所でしょう。

ゼネラルモーターズは少なくともコルベットC8スティングレーコンバーチブルをクーペと同数以上販売する予定です。
価格もクーペと比べわずか80万円高いだけの720万円から発売されます。

フェラーリやマクラーレン、ランボルギーニのコンバーチブルはクーペと比べて余裕で数百万円アップするのにかなりコルベットは良心的です。


Corvette Stingray 2020 (1)
fsrerwerewrew.jpg

https://visualizer.chevrolet.com/ui?carline=corvette&modelyear=2020&brand=chevrolet&language=en&country=US&channel=b2c

↑こちらは2020コルベットC8コンバーチブルのオンラインカーコンフィギュレーター
クーペではエンジンフードをガラスに出来たのでコンバーチブルにもあるのか?と思っていましたが、やはり無いですね。
日本ではいくらで販売されるんでしょうか。日本ってアメリカ様の犬でしょ?ちょっとトランプ大統領が言えば安くなりそうなもんだけど。
頼むからコルベットコンバーチブルを800万ぐらいから買わせてくれ。
無理か……。







関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クーペでもルーフが外れるから剛性は上げなくていいからじゃね?

No title

走行税導入されればセカンドカーにいけるか?
でもアメ車の電気系は心配になる

No title

コルベットの勢いは素晴らしいものがある。
シボレーはC8によるイメージ戦略に
社運をかけているのかもしれない。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示