スポンサーリンク

アメリカのカスタム事情では今「諸星化」が流行ってるみたいだぞ!


-9u9-twu-t9u-tr (2)
日本のスーパーカーオーナーに大人気のLED化。
ランボルギーニやフェラーリにピカピカ光るLEDを付けたカスタマイズはTopGearなどで特集され日本独自の文化が海外でも人気です。
先日アメリカで開催されたCorvette Funfest 2019にて愛車のコルベットにLEDを組み込んだ車輌が何台も展示され夜のイベントを盛り上げています。




現行モデルから1966年のビンテージコルベットに至るまでLEDでピカピカ光らせちゃっています。
今アメリカではLEDカスタムがトレンドのようで、コルベットのカスタムパーツ専門サイトでは「LEDキット」と検索すれば沢山出てくるくらい人気です。

日本みたいにエンジンの空吹かししないのはさすが。


諸星伸一「俺は小さな頃から道を外して生きてきたから世間から何言われようが何とも思わない」←カッコ良すぎだろ




2020年C8コルベットスティングレーのカッタウェイモデル

-9u9-twu-t9u-tr (5)
-9u9-twu-t9u-tr (4)
-9u9-twu-t9u-tr (3)
-9u9-twu-t9u-tr (1)
このカッタウェイモデルはコルベット博物館に展示されているフルスケールモデルですね。
コルベットC8の中身がどうなっているのか良くわかります。
新しいヴェットは10月にも早速コンバーチブルモデルがデビューし、来年1月にはC8.Rレースカー。
そしてフェラーリSF90ストラダーレと同スペックを持つコルベットハイブリッドも噂されています。



-9u9-twu-t9u-tr (6)
カッタウェイモデルの前面を見るとモーターを置くスペースは十分あるようにも思えますが
既にC8でスーパーカーとスポーツカーの価格破壊を起こしていますが、C8コルベットハイブリッドが登場するとしたら1000馬力程度で価格は驚きの2000万円以下とか十分ありえるのが恐ろしいですね。

もし本当に出るとしたらNSXさんの存在意味が無くなってしまう。

C8コルベットスティングレー、GRスープラより安い分際でうっかりフェラーリよりも速くなってしまう




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

電飾化はむしろアメリカ発祥だろ
昔はネオン管だったけど

でも一昔前にランボ乗りとかで流行ったツヤ消し黒は
日本の走り屋の「全塗装メンドクセーから安い黒で磨かない」が元祖

No title

電飾と言えばディズニーのエレクトリカルパレードだろ

No title

諸星、死んだよね


生きてるよ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示