スポンサーリンク

ル・マンハイパーカークラスに参戦するSCG007ハイパーカーが公開


cuderia Cameron Glickenhausハイパーカークラス (1)
トヨタとアストンマーティンと共に2020/2021シーズンのWECハイパーカークラスに参戦を発表しているスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)から近日公開予定の【SCG007ハイパーカー・プロトタイプ】の新しいレンダリングをリリースしました。

アストンマーティンヴァルキリーと同じく非ハイブリッドになり、
エンジンサプライヤーはまだ非公開ながら3リッターV6ツインターボエンジンで約750馬力になるそうです。


cuderia Cameron Glickenhausハイパーカークラス (3)
cuderia Cameron Glickenhausハイパーカークラス (4)
cuderia Cameron Glickenhausハイパーカークラス (2)
まだハイパーカークラスの規定が定まっていない段階ではロードカーベースではなく、プロトタイプレースカーベースのハイブリッドKERSシステムを搭載する予定でした。

SCG007ではまだ未発売のロードカー007をベースにしており、レースに参加する為20台程販売する予定です。
ロードモデルのSCG007がハイブリッドシステムを搭載するのかはまだ不明でが、
ハイパーカークラスのレーシングカーとロードカーとでは大きなデザインの変更はしないとの事でこの大型のリアウィングもそのままでナンバープレートが付き、エンジンスペックも750馬力前後の超軽量車輌になる予定です。

現時点でアストンマーティンとSCGは非ハイブリッドですが、
トヨタはハイブリッドシステムを搭載しハイパーカークラスに参戦する予定です。



ル・マンに参戦するアストンマーティンヴァルキリー、「電気モーターは外す。複雑だし重いだけ。邪魔だわ」


スクーデリアキャメロングリッケンハウスからハイパーカークラスマシンのティザーが公開





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

凄いアホっぽいリアだな。
しかしハイパーカークラスは数年後には非ハイブリッドばっかりになりそう

No title

とりあえず今シーズンのWECの方は、いよいよトヨタが負けるかもでワクワクするwww

V6 3.0Lエンジンでル・マンというと
日産かな?

No title

とっても…フェラーリです(カラーリングが)

 

デ・トマソにブチ切れてたから「こっちが本家じゃい!」って主張したい気持ちが伝わってくるデザインだ・・・
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示