スポンサーリンク

ポルシェ911RSRがIMSA最終戦プチ・ル・マンでコカ・コーラカラーが復活


high_911_rsr_coca_cola_design_atlanta_2019_porsche_ag (2)
ポルシェは、IMSAウェザーテックスポーツカーチャンピオンシップの最終ラウンドで特別なデザインの車を公開しました。
アメリカのロードアトランタで開催される10時間耐久プチルマンレースでは、ヴァイザッハのスポーツカーメーカーのワークスチームがグローバルブランドのコカコーラと協力し2台のコカ・コーラカラーのポルシェ911RSRが導入されます。




ポルシェ911 RSRは公道モデルの911 GT3 RSをベースに開発されたレーシングカーでRRからMRへとエンジンレイアウトが変更され510馬力を発揮。大型のリアディフューザーとトップマウントリアウィングを組み合わせることで、空力効率と大幅なダウンフォースを実現しています。



high_911_rsr_coca_cola_design_atlanta_2019_porsche_ag (3)
high_911_rsr_coca_cola_design_atlanta_2019_porsche_ag (1)
コカ・コーラのデザインのポルシェレーシングカーは、北米のモーターレースシーンで輝かしい歴史を持っています。
1980年代、ボブアキンモーターレーシングチームは最初にポルシェ935を投入しました。
チームはデイトナ24時間で赤と白のカラーリングで表彰台に上り1位を獲得しました。
翌年、チームはポルシェ962に切り替えました。コカコーラのカラーリングを備えた5号車はすぐにファンの間で人気を博しました。

1986年シーズンは、アメリカのチームボスでありドライバーのボブ・アキンが、セブリング12時間耐久レースでハンス・ヨアヒムスタックとジョーガートナーと力を合わせて優勝し、最高の成功を収めました。
プチルマンは、コカコーラのホームレースです。コカ・コーラ本社は米国ジョージア州アトランタにあります。
ポルシェノースアメリカも大都市に拠点を置いています。1970年にオープンし、以来多くの壮大な耐久レースを開催してきた有名なロードアトランタサーキットの建設は、コカコーラによって資金提供されました。
ポルシェは、メーカー、チーム、ドライバーの分類のリーダーとしてシーズンフィナーレに取り組みます。




1986年セブリング12時間耐久レースで優勝したポルシェ962と2001年FIA GTモンツァで優勝した911GT3 RS
fc2blog_20190918142126cd3.jpg
high_911_gt3_rs_fia_gt_monza_2001_porsche_ag.jpg





プロモーションビデオのメイキング映像

2018年にはロードアトランタとル・マンで優勝し、今年のセブリングも優勝したポルシェ。
IMSA50周年を記念し再びコカ・コーラカラーで優勝を目指します。






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このカラーリングは自分の中では910型ブルーバードのGr.5かな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示