スポンサーリンク

フェラーリ・ディーノ復活は保留


q3rwt4355er (2)
フェラーリは今年信じられ無いほど速いペースで新モデルを発表しています。
3月から毎月新型車F8トリブート、P80/C、SF90ストラダーレを発表し、先日歴史上初めてF8スパイダーと812GTSの2台同時発表尾しました。
フェラーリは年内にもランボルギーニウルスに対抗したSUVプログサンエの発表すると言われていますが、以前から開発車輌が目撃されていたエントリーモデルとなるV6ツインターボエンジンの「フェラーリディーノ」の開発が現在保留されているのが分かりました。


q3rwt4355er (1)
現代版のフェラーリディーノはセルジオ・マルキオンネ会長時代に458イタリアのボディーで開発されており、既に発表されているV6ツインターボエンジンで開発されていました。

マーケティング&コマーシャル部門最高責任者のエンリコ・ガリエラ氏によると、フェラーリはF8トリブートから812GTSなどこれまで発表された車種を含む2022年までに15車種の新型車を計画しており、新開発のV6エンジンを搭載したディーノも勿論この計画に含まれています。


新しいディーノ導入保留の一番の問題は価格帯であり、フェラーリの幹部たちはエントリーモデルを導入する事により、
会社の収益性が損なわれるのではないかと心配しています。
以前の噂ではポルトフィーノよりも更に200万円安いミッドシップスポーツカーになると言われていましたが、
どんどん価格が高騰しラインナップが増えるフェラーリにエントリーモデルとなるディーノは市場に受け入れられるのかフェラーリは導入のタイミングを図っているみたいです。




無一文からのドリーム
ラファエル
宝島社
売り上げランキング: 14




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん、超高額スーパーカーを買う人達は、
「値段が高い車を所有できる俺って凄いだろ~」と
他にアピールすることがステータスになってきてるので、
安いエントリーモデルは買わないかもしれんね。

↑う〜ん……w
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示