スポンサーリンク

カウンタックの現代版「ランボルギーニシアン」が実車初公開


ランボルギーニシアンIAA2019 (1)
フランクフルトモーターショー2019にてチェンテナリオの後継モデルで初のハイブリッドシステムを搭載したハイパーカー、
ランボルギーニシアン】がフランクフルトモーターショー2019にて実車初公開されました。
テルツォ・ミッレニオコンセプトとカウンタックを取り入れたデザインでベース車両はアヴェンタドールSVJです。

ハイブリッドシステムには燃費性能に特化したストロングハイブリッドと運動性能に特化したマイルドハイブリッドの2種類がありますが、
ランボルギーニのハイブリッドシステムは48V電気モーターがギアボックス出力部にダイレクトに接続されており、加速とシフトチェンジが瞬時に行われる世界初のハイブリッドシステムが搭載されています。
運動性能に特化させたハイブリッドシステムなので当然世界一燃費性能が悪く世界一運動性能が優れたハイブリッド車です。


ランボルギーニシアンIAA2019 (2)
ランボルギーニシアンIAA2019 (3)
後ろから見るとカウンタックっぽいな~と感じるデザインですね。
アヴェンタドールSVJに追加で34kgのハイブリッドシステムを搭載し34馬力アップしたシアンの加速性能は0.2秒短縮されています。
他のハイブリッドハイパーカーと同じく1000馬力前後になるかと思いきや819馬力とランボルギーニにしては馬力はやや控えめ。
34馬力アップしますが価格はアヴェンタドールSVJの5500万円から3億円と大幅にアップ。
世界限定63台のみ発売されるランボルギーニお得意の超限定シリーズですが、ただのガワ替えだけではない新技術を搭載した次世代のランボルギーニとなります。




ランボルギーニの事なのでシアンロードスターも限定車として今後100パー登場するでしょうね。
それにしてもV12モデルベースの派生モデルはアヴェンタドールが最も多かったですね。
今後登場するアヴェンタドールの後継モデルでも多数の億超えの限定車が登場すると思います。




ランボルギーニはフェラーリなど他社ハイブリッド車とは異なり、リチウムイオン製の重いバッテリーパックではなく、
より軽量なスーパーキャパシタを搭載する事により、重量を圧倒的に軽くし、これまでのマイルドハイブリッドシステムより優れた運動性能を持ちます。
ハイブリ車と言えば環境に優しい静かな車と言うイメージがありますが、ランボルギーニ製ハイブリッド車は環境に優しくなくこれまで通りエンジン音がやかましい車です。


【速報】ランボルギーニ初のハイブリッドハイパーカーLamborghini Sian(シアン)デビュー





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ランボはやっぱりV12じゃなくちゃな

燃えないといいね

No title

あんまりカッコよくないな~

奇抜な車やなー

たしかにリアはカウンタックっぽい

リア品がなさすぎやろwwww


そもそも品を求める車ではないでしょ。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示