スポンサーリンク

【NEW V12スパイダー】フェラーリ812GTSデビュー


フェラーリ812GTS (1)
フェラーリは今朝発表したフェラーリF8スパイダーに続いて812スーパーファストのオープントップモデルとなる、
フェラーリ812GTS】を初公開しました。

こちらもF8スパイダーと同じ構造のリトラクタブルハードトップが採用され14秒で開閉可能です。
電動式のハードトップを採用した事により812スーパーファストよりも75kg重量が上がりましたが最高のオープントップV12モデルとして
812スーパーファストと同じく800馬力を発揮し最高速度は340km/hに到達します。

V12オープンモデルとしては珍しく限定車としてではなく、カタログモデルとして発売されます。


フェラーリ812GTS (3)
フロントマウントV12アーキテクチャは、365 GTS4以降、フェラーリの量産スパイダーでは使用されていません。それは言った、4つの特殊シリーズ限定版が発売されました。2000年には550バルケッタピニンファリーナ、2005年にスーパーアメリカ、2010年のSA アペルタと、2014年にアメリカ市場限定で発売されたF60アメリカ以来です。


190331ferrari-812-GTS (1)
190331ferrari-812-GTS (2)
812 GTSは812スーパーファストのスパイダーバージョンであり、その仕様とパフォーマンスの両方を利用します。最も顕著なのは、8500 rpmで800馬力の大容量を放つ能力のおかげで、その中で最も強力なエンジンです。718 Nmのトルクは、812スーパーファストとほぼ同等の印象的な加速を保証します。一方、8900 rpmの最大回転数は、スポーティーな運転が損なわれないことを意味します。

812スーパーファストのように、これらのパフォーマンスレベルは、一部はエンジン設計の最適化によって、一部は自然に開発された350 barの直接噴射システムや可変ジオメトリーインレットトラックの制御システムなどの革新によって達成されました。 -吸引されたF1エンジン。これらのシステムにより、6.2から6.5リットルへの排気量の増加を利用して、低回転でも優れたピックアップを維持しながら、出力を最大化することができました。
フェラーリ812GTS (2)
812 GTSは、フェラーリスタイリングセンターによって設計され、812 Superfastに基づいて、フェラーリのフロントエンジンV12の正式な言語とプロポーションをエコーし​​ます。外部寸法または内部スペースと快適さを変更することはありません。 。側面から見ると、812 GTSには、1968年の輝かしい365 GTB4(デイトナ)を連想させるハイテールを備えた2ボックスデザインのファストバックの滑らかさがあります。

側面のドレープデザインは視覚的に尾を短くし、鋭く傾斜した折り目線と印象的な筋肉のホイールアーチによって特徴付けられ、印象的なV12によって保証されるパワーと攻撃性を吹き込みます。

812スーパーファストのスパイダーバージョンでは、車の後部全体(屋根、トノカバー、ラゲッジコンパートメント)が再設計されました。アイデアは、屋根の動きのメカニズムが格納されている2つのバットレスのおかげで、車に滑らかさとバランスの新しいブレンドを貸すことでした。バットレスは、前方への推力の感覚を視覚的に具現化するように設計されており、サイドウィンドウに、ベルリネッタからクモを際立たせる特徴的な外観を与えます。トップを落とすと、屋根パネルは前述のトノカバーの下に消えます。

スタイルの観点から見ると、リアホイールアーチは812スーパーファストの特徴的な空力バイパスを失っています。ただし、このダクトがないことは、フラップが追加されたリアディフューザーを再構成することで補われています。
フェラーリ812GTS (4)
空力的に、812 GTSはフェラーリのデザイナーに2つの主な課題を課しました。トップアップでクーペバージョンと同じパフォーマンスを保証し、同時にルーフダウンで乗客の快適性を最大限に確保する方法です。

純粋な空力性能の観点から、格納式ハードトップとその格納コンパートメントでは、車の後部を変更する必要がありました。トノーカバーの表面を細かく再設計し、最も重要なことは、背面からの効率的な吸引(したがってダウンフォース)を生成するためにリアディフューザーに三葉機の翼を統合したことで、空力学者はダウンフォースの除去によって失われたダウンフォースを補うことができました812スーパーファストのリアホイールアーチバイパスダクト。吸気口はクォーターライトの後ろにありました。

一方、ドラッグは、後部フランクの上部にある通気口を使用してカットされ、過剰な圧力の蓄積をホイールから効率的に排出します。

細心の注意を払って細心の注意を払って作業を行い、トップダウンで優れた快適性を船上に保証しました。キャビン内の乱流と空力騒音の両方を最小限に抑え、高速でも乗員が邪魔されずに会話できるようにすることに重点が置かれました。

ラフェラーリアペルタと同様に、フロントガラスの上部コーナーにある2つの小さなL字型フラップは、後部スクリーンのすぐ上の速度場でアウトウォッシュを作成するコヒーレントな集中渦を生成し、それによって乗員の頭の後ろの過剰な圧力を回避します。

この領域では、空力学者は座席で公平な2つのバットレスの前部トリムに空力通路を作成し、トリムに当たる気流を後部のトノーゾーンに導くエアフォイルでトップを形成しました。キャビン内の圧力と、風止めの下流の分離気泡の再圧縮により、空力効率が向上し、流れが安定します。

フェラーリ812GTSの技術仕様


全長4693 mm
幅1971 mm
高さ1276 mm
ホイールベース2720 mm
フロントトラック1672 mm
リアトラック1645 mm
乾燥重量 1600 kg

タイヤ

フロント275/35 ZR 20” 10” J
リア315/35 ZR 20” 11.5” J

ブレーキ
フロント398x223x38 mm
リア360x233x32 mm


6.5リッターV12自然吸気エンジン800馬力/718Nm
7速デュアルクラッチギアボックス
電子制御デバイス
EPS、PCV 2.0、 E-Diff3、F1-Trac、ABS / EBD
prestazionale con Ferrari Pre-Fill、FrS SCM-E、SSC 5.0

加速性能
0-100 km / h <3.0秒
0-200 km / h 8.3秒
最高速度340キロ以上


【超速報】フェラーリF8スパイダー初公開



時間革命 1秒もムダに生きるな
堀江貴文
朝日新聞出版 (2019-09-20)
売り上げランキング: 1,173


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱりフェラーリがNo. 1

カタログモデルといえど、やはり買えないんだろう

フェラーリ久し振りにいいデザイン出したじゃん。

No title

左足がブレーキペダルなんですか?

ケツから見たらたまらねーなおい。

カタログモデルこの812GTSを出されたらあれば、SP1やSP2は魅力が失せてしまうな。
10馬力アップで100キロ軽いとはいえ、とても812GTSの6〜7倍もする価格に見合わない
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示