スポンサーリンク

【いよいよ歴史が変わるぞ】ポルシェタイカンターボSが世界初公開!テスラよ、恐いか?


2020ポルシェタイカン
これまでに世界中のメーカーから発売されてきた電気自動車。
ですが本物のレース技術と厳しい耐久テストをクリアした電気自動車はポルシェが世界初です。
たった今公開されたポルシェタイカンは本物の電気自動車としてワールドプレミアされました。
このローンチイベントはドイツ、カナダ、中国で同時に開催され字幕も中国語だったのがとても印象的でした。

ポルシェタイカンは既に世界中から2万台以上の受注を抱えており、発表する前から既に成功が約束されています。


2020ポルシェタイカン1 (3)
2020ポルシェタイカン1 (7)
事前情報通りタイカンには「タイカンターボ」と「タイカンターボS」がラインナップで発表されました。
勿論ターボは搭載しておらず名残りとして名称を電気自動車に引継ぎ価格は1830万円~
初期ロットは年末迄に納車される予定で、派生モデルのクロスツーリスモも年末迄に発表されます。
タイカンには前後に2つのモーターを搭載したスポーツセダンでタイカンターボSは750馬力を発揮します。
フル充電で412km走行可能です。





2020ポルシェタイカン1 (5)
2020ポルシェタイカン1 (6)
事前情報ではモーター駆動なのにも関わらず2速トランスミッションになるのでは?と噂されていましたが、
その通り2速オートマチックトランスミッションを備えています。
最初のギアは超高速加速の為に使われ、2段階目のギアでよりバッテリー効率の良いギアに切り替わります。




2020ポルシェタイカン1 (8)
2020ポルシェタイカン1 (4)
2020ポルシェタイカン1 (2)
タイカンターボは680PS
0-100km/h 3.2秒
最高速度260km/h
最大航続距離450キロ
1830万円~


タイカンターボSは761PS/1050Nm
車重2295kg
0-100km/h 2.8秒
0-200km/h 9.8秒
最高速度260km/h
最大航続距離412キロ
2235万円~
最高速度は変更ありませんが、加速性能がスーパースポーツカー並みの性能になっており最大航続距離は若干劣ります。
通常400ボルトのバッテリーシステムとモーターを搭載していますが、タイカンターボSには量産車で初の800ボルトシステムを組み込んでおり、非常に早く充電する事が可能です。わずか5分の充電で100km走行可能なので電気自動車のデメリットでもある長距離ドライブの不安がほぼ解消されています。



2020ポルシェタイカン1 (8)
インテリアもほぼ物理ボタンを無くした全面タッチパネルです。
タイカンにはタッチパネルの他に音声アシスタントとして「ポルシェインフォテインメントシステム」を搭載し「Hey Porsche」と話しかけて音楽やナビゲーションなど操作出来る様になりました。




タイカンターボSでスーパーカー並みのスペックを持つようになってしまったポルシェ製電気自動車。
これから918スパイダーの後継モデルもEVになると思いますが、再びニュルブルクリンクの歴史に名を刻む事でしょう。


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミッションeからはさすがにトーンダウンだけど中身が神

5分で100キロ充電か。

この時代でここまで素早い充電が可能なら未来はどこまで早くなるか楽しみだ。

最近のポルシェデザインは波に乗ってるね〜

ターボ付いてないのにターボとはこれいかに。

???「タイカン乗りてぇ...麻布に土地買うってヤバイっすか?」

コンセプトデザインを思い出せなくてそのままにしか見えない

No title

ターボ…まあなんか速そうねっていうイメージのある言葉だからオッケー☆

No title

これぞ金持ちおしゃれさんの乗り物。ヘイポルシェとか、女の子にモテまくりだな。
予約した奴が羨まし過ぎる。

最高。

いよいよデビューしたな
しかもスペックがヤバすぎる
こりゃ後発のメーカー大変だわな

No title

過激系環境団体さんの反応がほしい

No title

へへへ、予約してきました♪

ポルシェ・ジャパンの話だと、
納車予定日が、「令和2年1月20日」だと・・・それ、「大寒(ダイカン)」

お後が、よろしくないようで・・・・

No title

お値段も最先端のポルシェだねw
カレラもどんどん価格上がって1340万からだし
まぁそれでも売れるんだから流石ポルシェですよ

No title

日本では2000万スタートかな?

このヘッドライトだけは変じゃないか?

別に変ではないと思うよ

No title

最新でありながらクラシックな雰囲気もあり。素晴らしい
懸念はバッテリーのライフですな。実は5年で性能が半減しますなんてオチないだろうな

むしろカタログスペックだけのテスラからシェア奪うために耐久性信頼性で勝負してるから安心だよ

テスラのウンチグリル跡クッソキモいけどタイカンのスッキリデザインすき

バッテリー寿命はタイカンのテスト走行の総距離を調べれば安心できると思うよ。
何万キロかは忘れたけど。

テスト走行は600万キロ以上。。

No title

見た目は激カッコ悪いが性能は流石だな
ターボというネーミングが疑問だが、スト2ターボみたいなもんか
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示