スポンサーリンク

【速報】ランボルギーニ初のハイブリッドハイパーカーLamborghini Sian(シアン)デビュー


ランボルギーニシアン (3)
昨日リーク画像が流れていましたが、ランボルギーニ社初のV12ハイブリッドモデルとなるLamborghini Sian(ランボルギーニシアン)がたった今世界初公開されました。
世界限定63台のみ発売される超限定シリーズ最新モデルで実車はフランクフルトモーターショー2019で公開されます。

ベース車輌にはアヴェンタドールSVJの6.5リッターV12エンジン770馬力がベースとなり48ボルトハイブリッドシステムを搭載し+34馬力。
合計819馬力を発揮します。


ランボルギーニシアン (1)
デザインはカウンタックからインスピレーションを受けたラインデザインに、テルツォミッレニオからインスピレーションを受けた新しいデザインのヘッドライトが特徴です。

アヴェンタドールSVJより34馬力上がりますが、0-100km/hは0.2秒速い2.8秒
最高速度は350km/h
世界限定63台
価格は3億8000万円~

ランボルギーニシアン (2)
以下ガバ翻訳プレスリリース
Siánの電動モーターは、V12をサポートし、パフォーマンスを向上させるために特別に設計されました。34 CVを供給する48Vモーターがギアボックスに組み込まれているため、ピックアップとギアシフト中のブーストが保証されます。これはまったく新しいソリューションです。他のマイルドハイブリッド車では、電気モーターとホイールを直接接続することはありませんでした。スーパーキャパシタを備えたエネルギー貯蔵技術は非常に革新的であり、Siánはそれを使用する世界で最初の量産車です。このバッテリーは、同じサイズのリチウムイオンバッテリーの3倍強力で、エネルギーの充電と放電の両方で信じられないほどの電力を提供し、そのポテンシャルを瞬時に使用することができます。この技術の主な利点の1つは、34 CVで34 kg(1.0 kg / CV)の例外的な重量対電力比です。



ランボルギーニシアン (4)
2つのエンジンは、低速操縦から始まり、新しい数少ないオフロードの最もエキサイティングなドライビングステージに至るまで、密接な相乗効果で機能します。実際、このシステムは、静止状態からの加速で即座に応答し、2.8秒未満で100 km / h(62 mph)に達します。牽引力は3速ギアで最大10%向上し、30〜60 km / hの加速時間はAventador SVJと比較して0.2秒増加します。高速回復は+ 20%に達し、70から120 km / hの加速を記録設定車まで1.2秒短縮します。電動アシストのおかげで、Siánはギアシフト中に低下することなく一定のトルクを持ちます。したがって、加速中に損失や中断が発生することなく、優れたパフォーマンスと快適さが保証されます。

すべてのランボルギーニは、ユニークな運転感情を生み出すために正確に設計されており、最速のSiánは、美学と卓越した空力ソリューションを組み合わせた未来的なデザインで、一目でスリルを味わえます。ランボルギーニDNAは、Countachで最初に導入された「ガンディーニライン」を思い出すプロファイルですぐに認識できます。統合されたカーボンファイバースプリッターを備えたローフロントは、元々Terzo Millennio用に設計されたY字型ヘッドライトによって支配されています。。極端なラインとプロポーションを持つリアは、Countachにインスパイアされた3つの六角形で形成されたテールライトを備えています。性能の向上とともに自動的に上昇するリアウィングは、プロファイルと「63」の文字が刻まれた2つの垂直スポイラーと統合されています。




lamborghini-shian (2)
lamborghini-shian (1)
シアンに搭載された世界初の蓄積技術スーパーキャパシタを使用する事により、
従来のバッテリーより3倍軽量で3倍強力になりアプリケーションの重量は34kg。
エンジンとコクピットの間に搭載されている為、完璧な重量配分は崩さずそのままを実現しています。
SHIAN(シアン)とはボロネーゼ方言で「閃光または稲妻」を意味する言葉でランボルギーニの電化を意味したモデル名で闘牛の名前ではありません。

ハイブリッドシステムを追加する事によりどれだけ重くなるのかと思いましたが、わずか34kg増とはさすがですが、
馬力がわずか34馬力のみ増加の819馬力はちょっと価格に見合ってないスペックなのではと感じてしまいました。
34馬力程度なら既にヴェネーノ0号車で800馬力出しているしモーターなので常に34馬力追加されるわけではありません。

63台限定とは言えランボルギーニ初のハイブリッドモデルとして登場したシアン。
次期V12エンジンはシアンより更に高パフォーマンスなモデルが発売されるでしょう。





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

なんだこのリアランプ⁈(驚愕)

No title

34馬力ならわざわざハイブリッドにしなくても

シフトチェンジのロスをハイブリでカバーすんのか
CVTでよくね?

↑CVTとかネタ抜きで馬鹿かよ笑

リアランプすげーな

くそかっけーな

No title

何周遅れのスペックだよ。SF90よりちょろっと重くて出力もちょろっと高い、だけ?w

使いまわしのシャーシで、たったの数十馬力を追加する為にハイブリッド!GTRより0.1秒遅いローンチスタート!パガーニ史上最も高価なウアイラBCロードスターと同価格!w
アヴェンタ乗りにすら小馬鹿にされそうなんだけどw
買った瞬間ラフェラ918P1乗りからマウント取られて泣く為の車ですねw

No title

やだーSCCのトゥアタラじゃないですか・・・
ランボも遂にパクtちゃったんだね

だっっっっっさ

フィリピン初のスーパーカーにデザインにてる

※8
おまえの車はもっとださいwww

※10なんか久しぶりにこのコメ見れて嬉しいわww
ちな※8主

鉄クズ


つまらない人生歩んでるね。可哀想。

sianも牛の名前?


違うって書いてあるよ

どちゃくそかっけーんだよなぁ

スーパーキャパシタってナニ? なんかすごいコンデンサーとか作ったん?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示