スポンサーリンク

ポルシェタイカンでもニュルブルクリンクの王へと君臨。マジでポルシェに勝てるメーカー存在しない説


b-04-Taycan-prototype-on-its-wa (1)
世界で最も難易度が高く世界で最も人気があるサーキット、「ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ」
量産車ではポルシェ911 GT2 RS MR、そして世界最速記録ではポルシェ919ハイブリッドEVOがニュルの王へと君臨していますが、
9月4日にデビュー予定のポルシェタイカンがEV4ドアセダン分野でニュルブルクリンク北コース世界最速記録として7:42.34を記録しEVセダンの中でも世界1位になりました。

公道でもレースでも世界最高のブランド、ポルシェは既に電気自動車の世界でも最強のブランドになる事は既に約束されています。




厳しい環境下の中テストしていたタイカンプロトタイプ。
勿論ニュルブルクリンクでもテストを行っており、今回の挑戦前にはシミュレーターで完璧にニュルとタイカンをテストを行い、
電気エネルギーと熱管理を適切に処理します。



タイカンは、前車軸と後車軸に2つの非常に効率的な電気モーターを備えている全輪駆動です。
全輪駆動およびトラクション制御システムは、従来のシステムよりも大幅に高速に動作します。
たとえば、1つのホイールのスリップが多い場合、電気モーターは1秒以内にそれを調整します。

統合されたポルシェ4Dシャシーコントロールは、すべてのシャーシシステムをリアルタイムで分析および同期します。
革新的なシャーシシステムには、電子ダンパー制御PASM(Porsche Active Suspension Management)などの3チャンバーテクノロジーを備えたアダプティブエアサスペンション、およびPorsche Torque Vectoring Plus(PTV)を含むPorsche Dynamic Chassis Control Sport(PDCC Sport)電気機械式ロール安定化システムが含まれますプラス)。記録破りの車は、後車軸ステアリングと21インチタイヤも備えていました。

タイカンは、電気自動車の通常の400ボルトではなく、800ボルトのシステム電圧を持つ最初の量産車です。
利点には、高レベルの一貫したパフォーマンスが含まれます。
新しいタイカンの走行モードプロファイルは、電気駆動の特性を最大限に活用するための特別な設定を提供します。「スポーツプラス」モードでは、ドライバーリクエストは非常に動的な方法で実装されます。その結果、バッテリーの冷却および加熱戦略は、最高のパフォーマンスを発揮するように設計されています。同時に、冷却エアフラップが開き、リアスポイラーがリフトを最小限に抑えるために早期に延長され、シャーシのセットアップがレーストラックのパフォーマンスを最大限に高めるよう最適化され、サスペンションが常に最低位置に設定されます。





編集なしのフルオンボード映像

b-04-Taycan-prototype-on-its-wa (2)
今回のチャレンジには911GT2RS MRで量産車世界最速タイムを作ったLars Kernさんが引き続きタイカンのステアリングを握り、
7分42秒とEV4ドアセダン世界最速記録を達成しました。

まだEV4ドアセダンなんて競合他社が発売していないので当然1位だと思われますが、
この7分42秒と言うタイムはポルシェが作ったタイムなので他メーカーが挑戦してもレースのノウハウが無いメーカーではこのタイムを更新するのは難しいでしょう。

これ価格帯によっては完全にテスラモデルSの顧客はポルシェに取られちゃうよ。



ポルシェタイカンはパナメーラの電気自動車版などではない。日本市場向けに最適化もされているぞ


ポルシェタイカン プロトタイプがナルドサーキットで24時間耐久テストに合格。日本の猛暑にも十分対応出来るクオリティ






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

R.I.P. テスラ。

No title

たまに燃えていいならば勝てるぞ

んで、フル充電で何周走れんのよ?
話はそれからだ。

全開でニュルを一周出来るだけでBEVに限らず結構凄い事なんだけどね。
ノーマルなら。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示