スポンサーリンク

アウディS4のシフトレバーを移植したMT仕様のランボルギーニウラカン


ウラカンMT化 (1)
ポルシェ911 GT3 RS、フェラーリ458イタリア、トヨタGRスープラ、など3ペダルを廃止したスポーツカーにマニュアルギアボックスを移植する改造が話題となっていますが、今度は世界初のランボルギーニウラカンのマニュアルトランスミッションが作られています。

ウラカンのMT化に使用しているパーツはアウディR8のシフトゲートとS4のシフトノブが使用されています。


ウラカンMT化 (4)
ウラカンMT化 (2)
ウラカンMT化 (3)
エンジンもV8に載せ替えられ2つのターボチャージャーも追加し610馬力から1500馬力へ。
ボディパネルもレーシングカーのウラカンスーパートロフェオのパーツに変更されています。
需要が少なく、ATに比べ遅くなってしまうMT。
生産コストも増えるので殆どのメーカーがマニュアルトランスミッション車を作らなくなってきていますが、
やはり根強い人気があるのも事実。
改造工程の動画が公開されていますが、とんでもなく大変で改造費も相当な費用が発生している事が容易に想像出来ます。





11月のSEMAショーに向け現在も製作途中だそうです。
元々MTのスペースがないウラカンに無理やりMTを取り付けているメイキング映像見てもすげー大変なのが分かりますね。
3ペダルモデルは遅い、不人気、余計なコストが掛かるなどデメリットしかないのでスーパーカーメーカーで採用しているのは、
今ではポルシェぐらいです。
でもポルシェもGT2RSなど速度重視のハイパフォーマンスモデルではPDK(セミAT)のみでMTはありません。
パガーニはウアイラの後継モデルに最後のマニュアルトランスミッションモデルを搭載し、今後EVへと移行する事も発表済みです。






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

速い遅いよりも運転していて気持ちいいんじゃ

MT厨はここまでしないとな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示