スポンサーリンク

【史上最も希少なミウラ】ワンオフモデルの1968年ランボルギーニミウラMillechiodiが販売


ミウラ・ミレキオディ (6)
Millechiodi、イタリア語で1000本のリベットと言う名を付けられたワンオフモデルの1968年ランボルギーニミウラP400 S Millechiodi。
これは伝説となったイオタのトリビュートカーモデルとしてたった1台だけ作られたワンオフモデルで、
ランボルギーニのエンジニア、ボブ・ウォレスによって作られた最高級仕様です。
エンジンの排気量も上がり370馬力、軽量の合金パネルを使用し軽量化も施されたワンオフモデルです。



ミウラ・ミレキオディ (2)
ミウラ・ミレキオディ (7)
ミウラ・ミレキオディ (3)
ミウラ・ミレキオディ (4)
ミウラ・ミレキオディ (1)
ミウラ・ミレキオディ (5)
ベース車両はP400 S(シャーシ#4302)を使用し擬似的にSVJ仕様となったMillechiodi。
70年代後半にミラノでBMWディーラーを経営していたヴァルテル・ロンキが注文し納車されていました。
過去に何度か販売されており、これまでに3400万円以上も掛けて復元されインテリアなどもご覧の通り新車の様に美しいです。
Millechiodiは現在スイス・ジュネーブにあるKidston SAで販売されていますが、価格は公開されていません。

ボディカラーも所有者が変わって赤色に塗装されていたりもしましたが、最終的にはブリティッシュレーシンググリーンに灯火類は他のミウラとは異なり差別化。
エキゾーストシステムやボディパーツも専用に強化されています。
1968年ランボルギーニミウラP400 S Millechiodiは現存するミウラシリーズの中で最も珍しく希少価値が高いくなると予想されています。

これまで色々なミウラシリーズがレストアされていましたが、このテールランプのミウラは、
ワンオフモデルであるミウラMillechiodiだけだと思われます。


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

エンジンが美しい・・・

No title

初めて聞いた

やっぱランボはV12だな

No title

やっぱり60年~80年代が至高だなあ。。。

ブリティッシュ・レーシンググリーンの色とコーダトロンカのリアに4灯ライト、初代ロータス・エキシージのリアビューを彷彿させるね。

わかるけどエキシージに例えられるミウラって…

こんなミウラは初めて見た。
ところでノーマルミウラのハンドルも跳ね上げ式なのかな?

これハネ上げてる訳じゃなくて、レイアウト上仕方なくステアリングを寝かせてるんじゃないかな。バス並みにね。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示