スポンサーリンク

ポルシェタイカン プロトタイプがナルドサーキットで24時間耐久テストに合格。日本の猛暑にも十分対応出来るクオリティ


high_taycan_prototype_nard (1)
ポルシェはいよいよ来月9月4日に世界デビューする事が決まっているタイカンプロトタイプの過酷な24時間耐久テストを、
イタリアのナルド・ハイスピード・トラックで行いました。

タイカンプロトタイプは現在ヨーロッパに襲来している異常気象中でテストした日は最高気温42℃、路面温度最高54℃の超過酷な状況で24時間、3,425キロメートルの距離を平均速度195〜215 km / hで走りきりました。

電気自動車には高性能で大容量のバッテリーが搭載されていますのでどうしても発熱問題が発生しますが、こんな過酷な状況でも壊れないと言う事は日本の夏も問題なく走れそうです。



high_taycan_prototype_nard (2)
量産車には初めて800ボルトのバッテリーシステムに対応したタイカン。
バッテリーの熱管理は、高電圧コンポーネントを冷却および加熱するための非常に効率的でインテリジェントシステムを中心に展開します。これにより、過度の発熱による潜在的な電力損失を防ぎ、車両が充電ステーションに到着したときに最も効率的な充電プロセスに最適な温度を保ちます。



ポルシェタイカンは、耐久性を証明するだけではありません。電動パワートレインは、短い間隔で数回加速した後でも最大限の力を発揮できるように設計されています。7月末、プレシリーズの車両は、飛行場で26回以上連続して0から200 km / hに加速しました。定時走行の平均加速度は10秒未満でした。最速の加速と最低の加速の違いは0.8秒でした。




ポルシェタイカンは日本時間の9月4日22時から生中継されます。


ポルシェタイカンはパナメーラの電気自動車版などではない。日本市場向けに最適化もされているぞ




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

故障という定義が日本とは違うドイツ

湿度定期

No title

こういう所さすがだなって思う

管理人テスラみたいに燃えって言ってたな。大噓付き

No title

日本では1200万円+オプション(高額)ぐらいになるのかな?
凄いスペックは必要ないから、なるべく安くしてほしいな。

ドイツ車なめてるやつ多すぎ
ポルシェはテストしまくってもリコール何回も出すから
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示