スポンサーリンク

アストンマーティンからヴァンキッシュの知的財産権を購入しようとしていた業者が明らかに。


aston-martin-vanquish-S888 (1)
アストンマーティンはヴァンキッシュの知的財産権を中国企業に販売しようと契約を進めていましたが、
突然にドタキャンされ、26億円もの損失を出していましたが、ヴァンキッシュを購入しようとしていた企業の正体が判明しました。

その企業名は中国の電気自動車メーカー「デトロイト・エレクトリック社」で元ロータスディレクターのアルバートラムが創設した会社でした。
デトロイトエレクトリック社はヴァンキッシュを電気自動車として販売しようと計画していた事も判明しています。



aston-martin-vanquish-S888 (2)
デトロイトエレクトリック社の当初の予定では、イギリスのレミントン・スパに専用の研究開発施設があり、
アストンマーティンからヴァンキッシュの製造権、設計、生産ツールを
約2,000万ポンド、年2回の500万ポンド毎の4回払いの予定でしたが、
デトロイトエレクトリック社が18億ドルの資金調達があると主張したという事実にもかかわらず支払わなかったので契約が白紙となったと報道されています。

アストンマーティンは合意された金額を回収する見込みがほとんどないため、
「疑わしい負債」として分類される合計1900万ポンドがあると発表しました。

ヴァンキッシュのIPを購入しようとしていた中国企業ってデトロイトエレクトリックだったのか。
以前も日本の電気自動車のスタートアップ企業が中国企業に買収されていたけどすげー力を入れている分野なのが分かります。





以前初期テスラと同じくロータスをベースに電気自動車として発表したDetroit Electric SP:01
おそらくヴァンキッシュも同じ様な感じで電気自動車として作る予定だったんでしょうか。


中国企業がアストンマーティンヴァンキッシュの権利を購入しようとしていたがドタキャンし26億円も損していた事が判明






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

中国なのにデトロイト?w
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示