スポンサーリンク

【男子ってこういうの好きでしょ?】アストンマーティンが夢のガレージを発売


Aston_Martin_Automotive_Galleries_and_Lairs_revealed_at_Pebble_Beach01-jpg.jpg
イギリスの高級自動車メーカーアストンマーティン。
実は車の他にもマイアミでタワマンも発売しているのはご存知でしょうか?
そんなアストンマーティンが新しく発表した商品はガレージです。
Aston Martin Automotive Galleries and Lairsは究極のオーダーメイドガレージ、エンターテイメントスペースであなたの車にピッタリな素晴らしいガレージを販売します。
これらはイメージCGですが、夢にまでみたバットマンの様なガレージや秘密基地の様なガレージを作る事が可能です。


Aston_Martin_Automotive_Galleries_and_Lairs_revealed_at_Pebble_Beach09-jpg.jpg
ガバ和訳プレスリリース
Automotive Galleries and Lairsは、クライアントがAston Martin Design Teamだけでなく、有名な建築家と仕事をする機会でもあり、地元の知識とブリーフの詳細を十分に理解している建築家に焦点を当てています。アストンマーティンのチーフクリエイティブオフィサーであるマレクライクマンのチームは、マイアミにある66階建てのアストンマーティンレジデンスのインテリアデザインを既に完成させており、彼のチームはアストンマーティンの最初のグローバルブランドセンターであるアストンマーチン青山のデザインにも協力しています東京、および多数のアストンマーティンディーラーセンターのインテリアデザイン。彼のチームは、民間の住宅開発に関連する多くの刺激的な設計プロジェクトにも着手しています。Reichmanのグループの著名な建築家との共同作業は、新しいデザインの可能性に対する刺激的な機会を示しています。

「車の周りに建てられた家や豪華な隠れ家を想像してみてください」とライヒマンは言いました。「あなた自身の自動車の芸術作品を紹介する究極の空間を作り出す写真。これは、この新しい製品で実現可能になりました。車愛好家にとって、ガレージは家の他の部分と同じくらい重要であり、車を披露することに焦点を当てているか、シミュレーターなどを備えたより大きな統合エンターテイメントスペースの一部であるアストンマーティンによって設計されたオーダーメイドのオートギャラリーは、アストンを取りますマーティンの所有権を次のレベルに。」

車が中心となる場所では、豪華な家やリトリート全体を作成できます。例として、Obermoser arch-omoアーキテクチャは、アストンマーティンヴァルハラや象徴的なアストンマーティンDB5を含む芸術作品を地下の円形空間に収容できる自動車用隠れ家の素晴らしい建築デザインコンセプトを生み出しました。選ばれた車は、この贅沢なデザインの中心に位置し、車に注意を向けながら、エンターテイメントやレジャーエリア、ゲスト用のリビングスペースを提供します。

「アストンマーティンは、最高の状態でそれらを提示するためにステージングカーに数十年の専門知識を持っていますが、これらの生きた呼吸マシンの保管とメンテナンスの重要性も理解しています」「自動車ギャラリーは、顧客が従来の車を所有している場合、時代に合わせて設計することもできます。単一の自動車を自動車の芸術作品として展示することも、個人の博物館にある自動車の完全なコレクションとして展示することも、あらゆる要件に対応できます。これらのスペースは、人々が車への情熱をゲストと共有できる独自の世界を創造する機会を提供します。チャンスは無限大です。」

Aston_Martin_Automotive_Galleries_and_Lairs_revealed_at_Pebble_Beach02-jpg.jpg
Aston_Martin_Automotive_Galleries_and_Lairs_revealed_at_Pebble_Beach05-jpg.jpg
Aston_Martin_Automotive_Galleries_and_Lairs_revealed_at_Pebble_Beach08-jpg.jpg
Aston_Martin_Automotive_Galleries_and_Lairs_revealed_at_Pebble_Beach04-jpg.jpg
Aston_Martin_Automotive_Galleries_and_Lairs_revealed_at_Pebble_Beach07-jpg.jpg
Aston_Martin_Automotive_Galleries_and_Lairs_revealed_at_Pebble_Beach06-jpg.jpg
自分の頭の中にある「ガレージとはこんなイメージ」と言う固定概念が完全に崩壊しましたね。
なんだこの夢のガレージは。
水槽の屋根とかめちゃ素敵やん……。
こんなガレージ作れる人なんてマジでブルース・ウェイン(バットマン)とトニー・スターク(アイアンマン)ぐらいしか居ないでしょ…。
各社車を自由にオーダーメイドで作れるけど今度は自動車メーカーが専用のガレージを作る時代に突入か。
都内じゃ絶対に無理だがこんなカッコイイガレージが日本でも作られる日が来るかもしれませんね。



厨二病の金持ちがバットマンみたいなガレージを作るwwww



Garage Life (ガレージライフ) 2019年10月号 Vol.81

ネコ・パブリッシング (2019-08-30)



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

これかっこよすぎる
都内は無理かもしれないけれど郊外や別荘地なら作れそう
そもそも金ないけどさ

ふーん、えっちじゃん

トヨタでもガレージはいけそうだな。

蛾の死骸とか浮いてるんだろ?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示