スポンサーリンク

1600馬力、9億4000万円もするBUGATTI CENTODIECI(チェントディエチ)がペブルビーチで初公開


cd_campogalliano (6)
ペブルビーチで行われたモントレーカーウィーク2019にてブガッティ創立110周年に作られたEB110のオマージュモデル、
BUGATTI CENTODIECI】ブガッティ・チェントディエチがワールドプレミアされました。
勿論現行モデルのシロンがベースとなっていますが、ディーヴォやラ・ヴォワチュールノワールとは異なり8.0リッターW16エンジンは1500馬力から1600馬力へと出力が上がっています。
0-100km/hが2.4秒、0-200km/hが6.1秒、0-300km/hが13.1秒。
最高速度は380km/hでリミッターが発動します。

ブガッティ・チェントディエチは世界限定10台、価格は9億4000万円~発売されます。



ガバ翻訳プレスリリース
新しい特別版のブガッティチェントディエチは、1990年代の以前のスーパースポーツカーに似ている多くの分野があります。「課題は、歴史的な乗り物のデザインに魅了されすぎて振り返るだけではなく、その当時の形状と技術の現代的な解釈を作成することでした」と、アシム・アンシャイト、ヘッドデザイナーブガッティ。スポーティでブガッティシロン2およびディボ3ハイパースポーツカーよりもさらに極端でありながら、ラボワチュールノワール4のようにエレガントで時代を超越した、それは愛好家のためのユニークなブガッティです。

「私たちは、Centodieciの開発と設計に関して多くの技術的課題に直面しました」とAchim Anscheidt氏は言います。EB110は、1980年代後半の非常に平らで、くさび形で、グラフィカルに準2次元のスーパースポーツカーです。「控えめに言っても、この古典的な外観をコピーせずに新しいミレニアムに移行することは技術的に複雑でした。基盤となるChironテクノロジーの複雑な空力要件と、まったく異なる美的外観を組み合わせた新しい方法を作成する必要がありました。」

前面の馬蹄形のフラットなラジエーターは、側面図からのみその深さを明らかにし、新しく開発された深部のフロントスポイラーと3セクションのエアインテークが完璧にマッチします。Centodieciの前面は非常に低くなります。象徴的なブガッティホースシューはそれに応じて縮小されましたが、ブガッティのロゴマカロンはボンネットの上にあり、中央では黒い要素によって中断されています。「これにより、EB110の思い出を再燃させることができました」とAchim Anscheidt氏は言います。拡張フロントスプリッターを備えた最適化されたフロントセクションとボンネットを通るエアフローにより、車の空力性能がさらに向上します。

フロントは、元々の主な冷却面にもかかわらず、車両の一般的に低いジオメトリに従属しています。統合されたLEDデイタイムランニングライトを備えた、新しく開発された複雑で非常に狭いヘッドランプは、完璧にマッチします。新しく開発された照明要素のおかげで、EB110に敬意を表すると同時に、この魅力的な視覚的な回想を現代の技術に置き換えて、前部と後部をスタイリッシュに解放しました」とAchim Anscheidt氏は言います。

「私たちは開発プロセスにくさび形のデザインを取り入れましたが、新しい方向にそれを取り入れました」とデザイナーは言います。ブガッティは、筋肉が後輪から前輪に走るイタリアの古典的なウェッジをコピーする代わりに、前方へのダイナミックな飛躍を示唆する代わりに、Centodieciの新しい道を切り開きます。それ以外の点では支配的なブガッティライン、BピラーのCラインは、Chiron 2よりも大幅に小さい新しいデザインに取って代わります。5つの丸いエアインサート–ダイアモンドの形で配置–象徴的な16気筒に十分なエアインテークを確保しますエンジン。このようにして、ブガッティはEB110 SSの視覚的に跳躍するウェッジを新しいミレニアムに持ち込みました。

Centodieciは、2つのピル型テールライトを備えたEB110のグラフィックな2次元背面の代わりに、より効率的なエンジンサーマルのために広い空気出口開口部に依存しており、EB110との親ship関係にあるフライングテールライト要素に命を吹き込みます。バランスの取れた温度を確保するためのソリューションを開発するのに数ヶ月かかりました。EB110と同様に、エンジンは透明なガラス面の後ろに見えます。後部は単一の通気孔に形成され、8つの背面ライト要素、黒のマット陽極酸化仕上げで上下に配置された2 + 2排気テールパイプ、およびダウンフォースを改善するパフォーマンスディフューザーが特徴です。張り出しているリアウィングは、元のEB110 SSのスタイルで恒久的に取り付けられています。これにより、ダウンフォースが増加します。ダウンフォースは、空気力学的なテールゲートと層流に最適化されたリアウィンドウによってサポートされています。
cd_campogalliano (2)
cd_campogalliano (5)
cd_campogalliano (4)
cd_campogalliano (1)
cd_campogalliano (3)
最高速度は380km/hでリミッターとなっていますが、ディーヴォがコーナリングマシンの為最高速度を犠牲にしたと言うのではれば、
チェントディエチは馬力が100馬力も上がっているのでリミッターを外せば483km/hを超える最高速度にも特化したモデルかもしれませんね。

インテリアは公開されていませんが、シロンスポーツと同じく、カーボンファイバー製ワイパーとスタビライザーが採用され軽量化に貢献しています。
シロンと比べ20kg軽いとの事なので車重は1976kgと言う事になります。
馬力は100馬力アップの1600馬力になり、馬力あたり1.13キログラムという驚異的なパワー対重量比が可能になりました。
パワーの増加と軽量化により、パフォーマンスがさらに向上し、高速での加速がさらに向上します。

今回発表されたカラーリングは3月のジュネーブモーターショーで初公開されたワンオフモデルのラ・ヴォワチュールノワール(黒)と対比させる為、あえて真っ白にしていますがチェントディエチを購入した10人はオーダーメイドで自由に色を選べます。
価格は9億4000万円~税金入れれば軽く10億円を超える高額な自動車となり、納車は2年以内を予定しています。


ブガッティEB110のオマージュモデル「Centodieci」チェントディエチがリークされてしまう。



S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) (2019-08-31)
売り上げランキング: 1



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

キュベレイ?

No title

潰れたガマガエルみたいだにゃ。

掃いて棄てるほど、金を持て余してる人間が買う車やね。
シロン比で9億円以上出すほどの価値がある車とは思えない。

これを買って全開走行するひとはいるかな?

かっこ悪いことろを受け継がなくていいのに

No title

EB110受け継いでるのは、ちょっとだけよね
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示