スポンサーリンク

スープラ700万円(笑)NSX2400万円(滝汗)コルベット600万円。ボクはヴェットを選んだ。


Corvette Stingray 2020 (2)
先程デビューしたばかりの2020年シボレーコルベットC8スティングレー。
デビューする前はヨーロッパ産スーパーカーのコピーとまで言われていましたが、
まさかのV8自然吸気エンジン+スーパーカーと同じミッドシップエンジンレイアウト+デザインで登場し、
大方の予想では「でもお高いんでしょう?」と誰もが思っていましたが、まさかの600万円~スタートと言う価格破壊。

誰もが憧れだったV8自然吸気のミッドシップスーパーカーのオープンカーがこの時代に600万円で購入出来るなんて
本当トランプ大統領閣下ありがとう。シボレー様ありがとう。
USA!USA!USA!USA!



qwrwtgretere (1)
フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンなどのミッドシップモデルはフロントに小さな収納スペースしかありませんが、
2020年スティングレーにはリア部分にも収納スペースが確保されており、ゴルフバッグも収納できるし、ここに取り外し可能なタルガトップを収納する事も可能です。





見て下さい。このインテリアのクオリティ!
アメ車と言えば安っぽいプラスチッキーな車がこれまでの常識でしたが
とても600万円台の車のクオリティとは思えません。普通に2000万円の車ですと言っても通じるクオリティの高さ。
レーシングカー風ステアリングホイールの左側には「Z」ボタンを新たに配置しエンジンやトランスミッションを調整し本来のスペックを発揮させます。
戦闘機からインスピレーションを受けたセンターコンソールパネルのスイッチは全て縦方向でエアコンの操作など分かりやすく設置されており、ランボルギーニアヴェンタドールでは糞ダサかったエアコンの送風口も超薄型エアーベント型になっているのでまるでエアコン送風口が存在しないような素晴らしいデザインです。
アヴェンタドールの無能インテリアデザイナーはなんであれでOK出したのか未だに謎。






地味に便利なのがフロントリフト機能。
こんなの俺の車にも付いてるよと思っている方もいらっしゃるでしょうが600万円のコルベットにはマニュアル操作でのフロントリフトアップに加え、GPSで動作するオートマティック機能が付いているのでめちゃくちゃ便利です。
まぁ標準装備でもないだろうし日本では非対応なんだろうけど……。




qwrwtgretere (4)
qwrwtgretere (3)
シボレーが新たに開発したLT2型6.2リッターV8自然吸気エンジン
495馬力で2000万以上するメルセデスベンツAMG GT Rやポルシェ911にこそ負けますが、大排気量化でターボシステムも付いていません。自然吸気のV8ミッドシップが600万円台で販売されているのはコルベットだけです。
今後はZ06、ZR1も必ず登場し600馬力、750馬力以上に上がるでしょう。
サーキットでも十分走れる性能です。





第8世代となるC8コルベットはかなり衝撃的でしたね。
特に価格。
C8スティングレーから右ハンドル仕様車も作ると言う事で香港やオーストラリアでも人気でそうです。
日本に限っては他の輸入車同様に左ハンドルの方が人気高いので右ハンドル仕様のC8はあまり見る機会無さそう。

アメリカでは600万円~から発売されるけど、日本では幾らかからスタートかな?
C7スティングレーの時もなんだかんだで1000万超えてたから今回もそうなんだろうな。
けどGRスープラの700万円とホンダNSXの2500万円がだいぶ高く感じちゃうね。
馬力だけで見たら、スープラよりも100馬力以上上で、NSXほほぼ変わらないんだから。




コルベットC8とGRスープラ、ホンダNSXの比較


qwrwtgretere (2)
・2020年シボレーC8コルベットスティングレー
6.2リッターV8自然吸気エンジン495馬力/車重1530kg 
600万円~(日本正規販売価格は未定)

・2020年トヨタGRスープラRZ 
3.0リッター直列6気筒ツインターボエンジン340馬力/車重1520kg 
700万円~

・2019年仕様ホンダNSX
3.5リッターV6ツインターボハイブリッドエンジン500馬力/車重1800kg
2370万円~

すまん、コルベットと比較して誰がNSXとスープラ買うんだよ?
ミッドシップV8自然吸気スーパーカーのバーゲンセールだな新型コルベットは。
1000万円でも魅力的だぞ。
特にGRスープラを検討していた人はかなりコルベットが魅力的に見えるんじゃないだろうか?


NSXさんの死体蹴りやめたげてよ。もうライフはゼロよ!


史上初のミッドエンジンコルベット【C8コルベット スティングレー】わずか650万円で発売


早速派生モデルとなるシボレーコルベットC8コンバーチブルが公開







関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

コルベットエブリデイ

ストライプ入れたら430スクーデリア感が凄いね

日本で600万円で売ったら
メチャ売れ間違いないですな

ディーラーに聞いてきたわ
まだ決まってないがプラス100万位だってよ

 

一年後にはさらに200万くらい積めば1000馬力以上になるキットをヘネシーあたりが出すに決まってるからヨーロッパと日本勢はコスパで完全敗北するな

USA!USA!USA!

やっぱ信じるべきはアメリカなんやなって。

スモールブロックの事、小さなブロックって思ってるの?

スープラも充分安く感じるけどな
スペックはコルベットの方が上だけど

維持費の概念ゼロか?

維持費なんて他の車もかかるからね。
C7コーヴェットの燃費は思ってるよりもいいぞ。

No title

C7コルベットはおとなしく乗れば街乗りで燃費10km/L近く行くぞ。

C8はミッドシップスーパーカーとしては、まさに価格破壊だね。
現地価格で買えるアメリカ人が羨ましいぞ。(゜▽゜)

No title

600~1000万のクルマ買う人が、たかが維持費を気にするとは思えないけど。
むしろ排気量にかかる税金は他国よりも安いし。

No title

しかし600万からとはびっくりだなぁ。ボディパネルは相変わらずのベコベコパネルなのかなw

スープラ3.0はアメリカで540万円だったよ
それでもコルベットはお得に感じるけど

※12
いや気にするよ

No title

性能を考えると大バーゲンプライス
まあ600万でも買えませんがw

こういうノリで1.5~2Lクラスのスポーティーを150万~300万円でバンバン出してたのが全盛期の日本

No title

プリンス 「♪リールッコーヴェッ・・・って、デカッ!?」

No title

コルベットはアメリカ人の魂と言えるほど絶大な人気があるし、
内容も充実しているし、デザインもカッコいいし、価格も超~安い。
今後NSX買う人はだれもいなくなるんじゃないか?

この見た目で1000万程度の安さだと、お金ないのに頑張って乗ってる感がでて恥ずかしい気がする。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示