Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

新たなレースカテゴリとして電気SUVが活躍するエクストリームEプロトタイプが公開:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

新たなレースカテゴリとして電気SUVが活躍するエクストリームEプロトタイプが公開


tweyre57557757 (1)
グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2日めにて、電気SUVで戦う新たなレース「エクストリームE」専用のレーシングカーのプロトタイプが初公開されました。
車の名前はODYSSEY 21と名付けられウィリアムズ・アドヴァンスド・エンジニアリング社のバッテリーシステムを搭載しスパークレーシングテクノロジーにて製造されます。

スーパーカーメーカーがこぞって発売するSUV。既にジャガーなど各社から電気SUVが発売しているのもあれば将来発売される予定の車もあります。これから電気SUVを使っての新たなレースがスタートする予定です。



tweyre57557757 (5)
tweyre57557757 (2)
tweyre57557757 (6)
エクストリームE参戦メーカーは、エンジンカバー、フロントとリアバンパー、サイドスカート、ライトなどのボディワーク領域を変更して、自社製のSUVモデルに似せることで、ODYSSEY 21の外観を微調整することができます。
ODYSSEY 21の最大出力は400kW(550馬力)、車重は1650kg、幅は2.3mです。

エクストリームEシリーズは2021年1月に、北極圏、ヒマラヤ山脈、サハラ砂漠、アマゾンの熱帯雨林、インド洋の島など球上で最も危険な環境で全5ラウンドで構成されます。
ODYSSEY 21のテストは9月に開始され、最初のシーズンに入る12台の車は2020年3月にスパークレーシングテクノロジー社によって納入され、来年後半にグループテストが行​​われます。







tweyre57557757 (4)
フォーミュラEに続いてついにオフロードラリーレースの世界もEV化か。
エクストリームEシリーズにはどんなメーカーが参戦するんだろう?
新たなシリーズだからレースに歴史が無いメーカーでSUVを作っている会社は早期参戦すればワンチャンあるな。



Extreme E ODYSSEY 21の技術仕様


サイズ 4,401mm x 2,300mm x 1,864mm
最低地上高 450mm
ホイールベース 3,001mm
重量 1,650kg
パワー 400kw(536bhp)
トルク 679 lb ft
最高速度 200km/h
加速度 0-100km/h 4.5秒
勾配能力 40°(80%勾配)から53°(表面に依存する130%の傾斜面積)
構造ニオブ強化鋼合金からなる管状フレーム構成
サスペンションとダンパー 3WAYアジャストモノダンパーを備えたダブルウィッシュボーン。油圧バンプとリバウンドストップ
サスペンショントラベル l 385mm
ブレーキ 6ピストンアルコンキャリパー:スチールディスクとパッド
ステアリング 電動パワーステアリング







関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

なかなかええんとちゃう?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示