Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

2020年からスタートするル・マンハイパーカークラスのスペックが公開!車重1100kgに750馬力ってショッボw:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

2020年からスタートするル・マンハイパーカークラスのスペックが公開!車重1100kgに750馬力ってショッボw


54pojhiguyctx.jpg
既にトヨタGRスーパースポーツコンセプトとアストンマーティンヴァルキリーが参戦する事を発表している2020/2021年シーズンのハイパーカークラス。
現在のLMP1クラスから大きく変わる新しいレギュレーションが2020年9月から施行されます。
現代のGT1クラスとも言えるハイパーカークラスは一体どんなスペックなんでしょう?



ハイパーカークラスのレギュレーションの一部


・車重は1100kgより軽くするのは禁止
・必ずしもハイブリッドである必要はない。だがハイブリッドシステムを組み込む場合はハイブリッド出力は270馬に制限
・タイヤメーカーは全車統一
・ゼロからハイパーカーの形でプロトタイプを設計して発表するか既存の量産車をベースに参戦する場合は最低2年間20台以上生産する事
・平均出力は750馬力
・サルトサーキットの最小平均ラップタイムは3分30秒




Aston_Martin_Valkyrie_Le_Mans_2021.jpg
eqwfewgreewgew.jpg
ハイパーカークラスはハイブリッドと非ハイブリッドの2車種が走ると言う事か。
おそらくBoPシステムも導入されるでしょう。
750馬力に車重1100kgとなると公道モデルの方が最高速度やスペックは上になりそうな気もしますが、けどサーキットで走るのであればレーシングカーの方が速いんでしょうな。
また、2022年からスタートするWRC世界ラリー選手権はハイブリッドになる事が正式に発表されました。


量産車ベースのハイパーカークラスですが、ジャガーやメルセデスも参戦してほしいですが、
次はどのメーカーがどの車種で参戦発表するのか楽しみです。


トヨタガズーレーシングから2020年ル・マンハイパーカークラスに参戦するマシンが初公開


2020年ル・マン24に参戦するアストンマーティンヴァルキリーハイパーカーが初公開

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

タイム見ると今のLMP2の方が速いじゃん
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示