Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

ポルシェはWEC撤退前に2021年仕様のF1マシンの6気筒エンジンを開発していた事が判明:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

ポルシェはWEC撤退前に2021年仕様のF1マシンの6気筒エンジンを開発していた事が判明


4987017iubkmhb lh lh;bn (11)
レースでも公道でも世界一速いスポーツカーブランド「ポルシェ」
2017年末にLMP1クラスの王者だった919ハイブリッドがWECが撤退しました。
これはフォーミュラEに力を注ぐ為だと思われていましたが、実は2021年フォーミュラ1に参戦する為に既に新しいエンジンを開発していた事をポルシェモータースポーツの副社長Fritz Enzinger氏が明らかにしました。

30年ぶりにF1復帰に向けてエンジンまで作っていましたが……


4987017iubkmhb lh lh;bn (12)
ポルシェが最後にF1に参戦していたのは1991年。
3.5リッターV12エンジンを開発していました。

ポルシェは919ハイブリッドに採用されている2.0リッターV4ターボハイブリッドエンジンをベースに、同スペックの6気筒ハイブリッドエンジンを同じエンジニアリングチームの半分の人材を使って作っていました。

2017年当時には、排ガスからのエネルギー回収システム【MGU-H】は2021年からの新しいルールから必要なくなるF1関係者から打診を受けて耐久性があり、低排出ガス仕様に出来る6気筒エンジンを開発していました。






4987017iubkmhb lh lh;bn (10)
ポルシェは2017年の時点で2021年F1復帰に備え919ハイブリッドの開発と平行してF1用のエンジンを開発していましたが、
F1のMGU-Hシステムを無くすなんて何事だ!と強力な発言力を持つエンジンサプライヤーの圧力によって2021年以降もMGU-Hが使われる事が決定し、ポルシェのF1復帰プロジェクトが白紙となりました。




4987017iubkmhb lh lh;bn (1)
親会社のフォルクスワーゲンはアウディとポルシェ、2ブランド共にフォーミュラeへと移行を決定しますが、
F1復帰用に6気筒エンジンを作っていたとはビックリでしたね。
ポルシェは既にベンチマークテストを行える状態のエンジンを作っていたと発表しています。

しかし、2017年末にLMP1撤退したのにも関わらずまだ、高効率6気筒エンジンの開発は進んでいます。
これは将来発売される918スパイダーの後継モデル用のエンジンになるかもしれません。






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示