Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

グランツーリスSPORTってこうやって車をスキャンしているのね:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

グランツーリスSPORTってこうやって車をスキャンしているのね


4ihugfygih.jpg
次回以降のアップデートで追加される2017年SEMA GTアワード賞を受賞したPhil Roblesの1992年ホンダシビック。
ポリフォニーデジタルのスタッフがどうやって車をスキャンしているのかが分かります。

GTスポーツでのスキャン方法はPS5で発売されるGT7にも対応出来るように8Kのアップで表示しても耐えられるように数千枚もの写真を撮り、ケーニグセグなど自動車メーカーも使用しているポータブル型のレーザースキャンを使用しています。



raetsyre5yt544w53354 (1)
raetsyre5yt544w53354 (3)
raetsyre5yt544w53354 (2)
スキャナーの他に動画でメーターの動き方やウィンカーの光り方など複数スタッフで計測しデータ化している様子が分かります。
以前のインタビューでは1台の車をゲーム上で使える様になるまで半年は掛かると言われていましたが、今でもそんな時間掛かるのかな?
まぁスキャンするだけなら時間はそんなに掛からないんでしょうが、他にもエンジン音の収録や挙動なども完全再現するのでやはり私達がゲーム上で使用出来るまでには相当な時間とお金が掛かるんだと思われます。

鉄拳7のステージの開発費は1ステージ最低でも5000万円~
キャラに至っては更に高額になると言われていますが、レースゲームのリアルサーキットや車1台のコストは一体何千万円掛かるんだろう?
お前ら簡単に山内さんのツイッターに「○○も追加して下さい」ってクソリプ送っちゃあかんで。

GTスポーツには今後グッドウッド・モーターサーキットとランボルギーニエスパーダが収録される事が判明しています。




ポリフォニーデジタルのスタッフが使用しているのはおそらくクレアフォーム社のポータブル3Dスキャナーですね。
この会社はケーニグセグとも提携しており、複雑な形状のパーツをデータとしてアーカイブ化して永遠に新品パーツを生み出す事が可能でスキャンもこんな乱暴な方法でも正確に計測出来ます。


ケーニグセグは品質管理を合理化する為にクレアフォーム社の3Dスキャン技術と提携





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示