Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

電気自動車でも王になるだろうポルシェタイカンの開発が最終段階へ突入:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

電気自動車でも王になるだろうポルシェタイカンの開発が最終段階へ突入


sgr687e98t7ew9tewewwerewr (4)
いよいよ9月に公開されるポルシェが次世代の自動車製品として初めて発売するフルエレクトリックカーとなるポルシェタイカン。
どんな気候条件でも安全に運転できる様に世界30カ国、気温マイナス35℃から50℃迄様々な条件下の中厳しい耐久テストが行われていますが世界中で約600万キロ走ったタイカンのテストも発表に向け最終段階へと進みました。



ポルシェ製電気自動車はこれまでの内燃機関で走るスポーツカーと同じく厳格なテストプログラムを受けなければなりません。
優れた性能を発揮することに加えて、常にあらゆる気候条件での日常使用に対する無制限の適合性の証明が含まれます。
バッテリーの充電や極端な条件下でのドライブトレインや室内の温度制御など、特に要求の厳しい機能は、バッテリー駆動モデルの追加の側面です。他の典型的なポルシェ開発目標は回路性能、複数の加速、そして日常使用に適した範囲を含みます。



sgr687e98t7ew9tewewwerewr (1)
sgr687e98t7ew9tewewwerewr (3)
走行距離:約600万キロメートル、うち200万キロメートルは耐久走行

国:アメリカ、中国、アラブ首長国連邦(UAE)、フィンランドを含む合計30 カ国

気温:マイナス35度からプラス50度

空気湿度: 20〜100パーセント

標高:海抜 85メートルから海抜3000メートル

充電サイクル:世界中のさまざまな充電技術を使用して10万人以上

開発チーム:約1,000人のテストドライバー、技術者、エンジニアが参加しバーチャルドライブでニュルブルクリンクのテスト走行も行われています。
sgr687e98t7ew9tewewwerewr (2)
ポルシェタイカンは開発初期段階でのバーチャルドライブテストでニュルブルクリンクノルドシュライフェを8分で走破した性能を誇り、これまでの発表では600馬力を発揮し0-100km/hが3.5秒でしたが、量産仕様ではもう少しタイムを短縮する予定です。
800Vのリチウムイオンバッテリーはフル充電で500km以上走る事ができ、わずか4分の急速充電で100kmも走行出来るので遠出にも使える新しい時代のEVスポーツカーです。


ポルシェタイカン既に2万人以上がオーダー済みで、9月に発表し、年末から量産が開始され来年から納車が始まります。
ポルシェ911と同じくポルシェタイカンがこれからヨーロッパ勢が参入していく高級電気自動車のベンチマークとなるのは間違いありません。



2万人が待っているポルシェ初の電気自動車タイカンのティザーが公開





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

もう青ボディの完成車リークしてる。

ありがとうテスラ

さようならテスラ

No title

こう言う部分が新興メーカーには真似できない
長年のノウハウに蓄積があるからね
おそらく完成度は桁違いだろう
試乗車が上陸したら是非乗ってみたい
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示