Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

マツダ北米CEO「ル・マン復帰は検討している。だが条件がある」:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

マツダ北米CEO「ル・マン復帰は検討している。だが条件がある」


phyo8gif6uyiguhoioy8p (5)
マツダ北米の毛籠勝弘CEOはセブリング・インターナショナル・レースウェイで行われたセブリング12時間耐久レースにて、
ル・マン24時間耐久レースに復帰する事を検討している事を明らかにしました。


phyo8gif6uyiguhoioy8p (6)
phyo8gif6uyiguhoioy8p (7)
こちらがマツダがIMSAに参戦しているRT24-P。
マツダは現在IMSAでマツダRT24-Pでレースに参戦し、セブリング12時間耐久レースではトラブルでDPiクラス初優勝を逃しました。
現状ル・マン復帰に向け準備を行っているわけではなく、あくまで検討段階だそうで、
ル・マン復帰にはまずIMSAで優勝する事が最低条件だとしています。






phyo8gif6uyiguhoioy8p (9)
WECとIMSAとで規定をほぼ同じにすればマツダRT24-Pもほとんど変更せず参戦出来る様になれば良いんだけど、
やっぱそういうわけには行かないのかな?
LMP1クラスのマシンと違ってDPiフォーマットのマシンはLMP1ほどコストは掛からないそうですね。
現在のLMP1クラスもコストが掛かりすぎるせいかトヨタぐらいしか居ないし、2020年からは新たに現代のGT1カテゴリーになるだろうハイパーカークラスが走る事も決定しているので規定が緩くなればマツダが再びル・マン復帰もありえますね!

マツダはいい加減信者でも区別が付かないSUVばっかじゃなくてスポーツカー作って欲しいけど、売れないからSUVばっかになるんだろうなぁ。まずはIMSAで優勝してル・マンで好成績を残せばRX7やRX9が発売されるかもね。


マツダ「新しいRXシリーズやEVスポーツカーの計画は無い」 またまた~実は作ってるんでしょ?




デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット5 (ファンタジア文庫)
東出 祐一郎
KADOKAWA (2019-03-20)
売り上げランキング: 1,123


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

DPIはLMP2と同じようなクラスだからね、LMP1と比べたらそりゃあ違うよね

いつの間にかISMAになってるよ!笑

No title

マツダのやるやる詐欺はそろそろ飽きたな
モータースポーツやる気無いだろ
ル・マン総合優勝できるマシンつくる金もない
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示