Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

マクラーレンF1のデザイナー、「スピードテール?あんな重いのはF1後継モデルではない。V12マニュアルギアの真の後継モデルは俺が作る」:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
スポンサーリンク

マクラーレンF1のデザイナー、「スピードテール?あんな重いのはF1後継モデルではない。V12マニュアルギアの真の後継モデルは俺が作る」


8h9g78f6d75f6uygiuhji55 (7)
ジュネーブモーターショーでも公開されたマクラーレンF1の後継モデル「マクラーレンスピードテール」
4.0リッターV8ツインターボハイブリッドパワートレインを搭載し1035馬力/1149Nmを発揮するハイパーカーで史上最速の403kmまで出せる2ドア3シーターモデルです。

マクラーレンF1の設計者でイギリスを代表する自動車界の神ゴードン・マレーはF1の真の後継モデルとして2ドア3シーターの自然吸気V12エンジンとマニュアルトランスミッションを搭載したスーパーカーを開発していると発表しました。



8h9g78f6d75f6uygiuhji55 (5)
8h9g78f6d75f6uygiuhji55 (4)
8h9g78f6d75f6uygiuhji55 (1)
8h9g78f6d75f6uygiuhji55 (6)
マクラーレンF1と同じく世界限定106台のみ発売されるスピードテール。
3シーターと限定台数以外は特にF1と共通点はなく、ハイブリッド化した事により最高馬力、最高速度を突破しましたが、史上最も重い1430kgと重量級のモデルともなりました。


ゴードン・マレーはマクラーレンF1のコンセプトと同じく一人乗り用にフォーカスした3シーターで軽量、ドライバーのフィードバック、V12サウンド、ステアリングのフィードバック、そしてエンジニアリングの細部へのこだわったハイパフォーマンスカーをゴードン・マレーの新ブランドIGMから発売します。

ゴードン・マレーが手がける真のF1後継モデルは自身が開発しTVRグリフィスローンチエディションにも使用されるiStreamシャシーは使用せず、F1と同じカーボンモノコックを採用しマクラーレンF1の1108 kgとほぼ同じく超軽量の1000kg未満にすると発表しています。
サイズはF1よりも少しだけ大きくなるそうですがそれほど大きくはなりません。
1645guiot79igu79tguo (11)
V12、マニュアルギア、3シーター、車重1000kg未満のスーパーカーか。
しかもゴードン・マレーが手がける真のマクラーレンF1の後継モデル。
TVRグリフィスを見るとかなり期待出来るスーパーカーになるでしょうがスペック的にはアポロIEみたいな感じなんだろうか?


アストンマーティンヴァルキリーやブラバムBT62や最近のイギリス車ぶっ飛びすぎでしょ。
時代はハイブリッドや電気の時代ですぜ?だが精神年齢低いおっさんにはそれがいい。


ゴードン・マレーが大英帝国勲章でコマンダーの称号を受勲





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

諸星の事故について書いてくれ

同じこと書こうとした奴いて草

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ゴードン・マレーがマクラーレンを離れてたのを知らなかったよ・・・。(^_^;)
たぶんマクラーレン製のスピードテールより戦闘力はかなり高くなるだろうね。

F1は大好きだけど今の時代ABSやTCSぐらいは必要かな。
あとV12エンジンはどこ製なんだろう?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示