スポンサーリンク

助けて!コルベットが全く売れないの!なんでお前らコルベット買わなくなったん?


684koiugyfhtgyjhukil; (2)
フェラーリやマクラーレンのV8モデル以上のスペックを持つのに価格は半分以下というデザインもカッコイイしコスパに非常に優れたアメリカ産本格派スポーツカー、コルベット。
現在コルベットC7が全く売れておらず在庫が駄々あまり状態です。
先日、コルベットグランドスポーツドライバーシリーズとC7ファイナルエディションがリリースされましたが、1月のコルベットC7の販売台数はアメリカでわずか800台しか売れず最低記録を更新してしまいました。



684koiugyfhtgyjhukil; (1)
54pogiyfutfyg (2)
コルベットC7の生産は続いており、現時点で9000台もの在庫を抱えている状態ですが、勿論売れなくなった理由は次世代モデルのC8の発表が控えているからなのでリセールが悪い第7世代のコルベットなんて今新車で買う人なんて居ません。

コルベットC7は2016年に40,689台を売ったのをピークを迎え、そらから徐々に販売台数を下げております。
2018年12月時点でC7の在庫は8,000台でしたが、2019年1月では9,000台もの新車を全国のディーラーが抱えている状態です。


なぜ売れず在庫を抱えているのにも関わらず生産を続けるのかと言うとディーラーにも理由があります。
C7コルベットの注文数が少なくなると、これから登場するC8の各店舗の割当台数が減らされる為に在庫を余らせてもディーラーは注文をし続けます。これにより2019年1月迄に9,000台ものC7が在庫として残っている状態になっています。


フェラーリやランボルギーニなど各社そうですが、モデル末期は新モデル登場を見越して売れなくなるので特別カラーにしたり、ハイパフォーマンスモデルだったり、販売台数を絞った限定車として在庫処分する例が多いですが、コルベットも同じ事をやっていますがこれも売れないんでしょうね。


2013年夏から生産が始まった第7世代のコルベットは2017年1月までの6年間で合計177,000台以上世界中に販売してきました。
9,000台もの在庫が年内に全て捌けるわけが無いので暫くはC7とC8が一緒に販売されると思われます。

決してC7の人気が無いという事ではなくて、みんな年内に発売される第8世代のミッドシップスーパーカー化したコルベットC8にしか興味が無いって事です。

こんだけ在庫抱えているって事は日本でもおそらく日本限定仕様のコルベットが在庫処分品として必ず出てくるでしょう。
そう、マスタングみたいに。


最後の限定車か?コルベットグランドスポーツドライバーシリーズが公開


【第7世代ラストモデル】シボレーコルベットC7ファイナルエディションを発表







関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

モデルチェンジする度にカッコ悪くなる車・・・

ポルシェやフェラーリも年々ダサくなってるだろ。まぁポルシェは元々ダサいがw

ダサくなる一方でエンジンもターボやらハイブリッドやらで外観も内部も魅力が無くなるばかり…若者のクルマ離れに繋がるワケだ。

むしろ20年ぐらい経てば最後のFRコルベットとして引く手数多になってそう・・・

No title

断言できるけど今30年前のままのデザインで車出してもさっぱり売れないぞw
買うのはオッサンだけだろう
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示