スポンサーリンク

アストンマーティンラゴンダAll-Terrain Conceptがジュネーブモーターショーで公開


s64d7fgh621365.jpg
アストンマーティンはハイパフォーマンスブランドとなる「AMR」の他に、まだ他社が参入して来ていないラグジュアリー電気自動車ブランドとして「ラゴンダ」ブランドを発表し、ジュネーブモーターショー2018ではその第1弾となる「Lagonda Vision Concept」を発表しました。

今年のジュネーブモーターショー2019ではラゴンダブランド第2弾としてLagonda All-Terrain Conceptを公開すると発表しそのティザーイメージを公開しました。

「Terrain」とは地形と言う意味でDBXと同じくSUVになります。


こちらが去年発表されたラゴンダヴィジョンコンセプト
864864okiuytrdfyghu (3)
864864okiuytrdfyghu (2)
864864okiuytrdfyghu (1)
864864okiuytrdfyghu (5)
3月のジュネーブモーターショー2019で発表されるLagonda All-Terrain Conceptはゼロエミッションパワートレイン技術によって駆動する最初の量産車になり、コンセプトですが、プロダクトデザインに近い形で公開されると予想されます。

Lagonda All-Terrain Conceptはアストンマーティンで言うヴァンテージやDB11、DBSの様なコアスポーツカーでヴィジョンコンセプトと同じくギアボックスやトランスミッションを搭載しないので革新的なデザインで登場すると思われます。


フロントやリアはブランドのアイコンだしおそらくヴィジョンコンセプトと同じでしょうね。
ラゴンダブランドはロールスロイスやベントレーの電気自動車版なのでてっきりセダンで発売すると思ったら第1弾は今流行りのSUVか。
同じくアストンマーティンから発売されるDBXとどう差別化されるのか面白そうです。
現状のスペックを予想するとやはりポルシェタイカンと同スペックの600馬力程度、航続距離は600km前後になりそうですね。




【正式名称も発表】アストンマーティンDBXプロトタイプ初公開








関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ラゴンダセダンはもう何年か前に1億ちょいで販売されたでしょ?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
スポンサーリンク
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示