スポンサーリンク

ランボルギーニとドゥカティと戦闘機のコラボレーションイベント開催


tu67uutrut28822828 (3)
ランボルギーニとドゥカティ、イタリア空軍で「パッショントリコローレ」が開催されました。
1963年の戦闘機のイメージした世界限定250台のウラカンLP610-4アヴィオやMotoGPライダー、アンドレア・ドヴィツィオーゾはドゥカティ・デスモセディチに乗って登場し、イタリアのナショナルエアロバティックチームのアエルマッキMB-339が参加しデモ走行が行われました。




tu67uutrut28822828 (6)
tu67uutrut28822828 (5)
tu67uutrut28822828 (4)
tu67uutrut28822828 (1)
tu67uutrut28822828 (2)
ランボルギーニ傘下のドゥカティとのイベントでしたが今後もこのようなイベントもどんどん増えそうですね。
本当ヨーロッパ車は戦闘機をイメージした車が多いね。
日本は……絶対無いな。



WORKING!!! 種島 ぽぷら 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
WORKING!!! 種島 ぽぷら 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シンプルで単純なカッコ良さの追求って大事よね

パガーニの戦闘機とコラボしたトリコローレを思い出しますな〜

あれは確かアクロバティックチームだったっけね

思い出しました、フレッチェ・トリコローリ

No title

戦闘機vsF1の勝負って結構あるけど、ただのスポーツカーとの勝負って珍しいかもね。
1979年?には現役F1マシン3台(アルファ179C2?/ブラバムBT49C?/フェラーリ126CK)vsイタリア空軍のF104なんてのがあったし、近年でもユーロファイターとかと勝負してる。
今はもう戦闘機の方が圧倒的に速かったよーな。
ちなみに79年の対決では、最高速用にセッティングしてウィングまで外されたフェラーリ126CKの0-1000mのタイムが16.55秒。現代の目で見ても余りの異次元っぷりに吹くわw
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示