スポンサーリンク

ランボルギーニ、新たにウラカンとアヴェンタドールの間を埋める第四のモデルを発表か? ほか


khugyftdugih8945 (4)
ランボルギーニは長年V10モデルとV12モデルの2モデル体制で成功を納めています。
2018年にはSUVモデルのウルスを市販化する事を決定していますが、新たにウラカンとアヴェンタドールの間を埋める第四のモデルが今後登場すると予想されています。

ウラカンとアヴェンタドールの価格帯の差は1000万円と近いのでスーパーカータイプではなくかつて販売されていたハラマやエスパーダの様な2+2シーターモデルになるとも言われています。



khugyftdugih8945 (1)
khugyftdugih8945 (2)
khugyftdugih8945 (3)

ミウラ復活は無いのかな?一番可能性が高いのはやはりアステリオンLPI910-4コンセプトとエストーケコンセプトか。
2+2シーターモデルが登場するとすればポルシェパナメーラのMSBプラットフォームが採用されそうですね。

自然吸気エンジンにこだわっているランボルギーニ、次期ウラカンやアヴェンタドールも自然吸気エンジンが採用されると思いますが、未来を見据えるとやはりターボエンジンモデルや電気モーター搭載車は間違いなく出るでしょう。
フェラーリの戦略と同じく、まず歴史のない新モデルからターボや電気モーターを搭載してから次期V10次期V12モデルにも将来ターボや電気モーターが採用されそうですね。


ランボルギーニ開発部門ディレクター「少なくとも今後5年の間ではアヴェンタドールのプラグインハイブリッドは開発しないバッテリーが糞重い」





ロシアの高速道路で事故ってしまうクロームシルバーのムルシエラゴ


雨の中速度出すからこうなるんだよなぁ
スーパーカーの事故で濡れた路面のスリップ事故多過ぎ。
けど、大きな事故にならなかったのはラッキーだったね。



アイドルマスター シンデレラガールズ ビジュアルファンブック
アイドルマスター シンデレラガールズ ビジュアルファンブック

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>ウラカンとアヴェンタドールの価格帯の差は10000万円と近いので

いちおくまんえんの間違いでわ?

No title

ミウラコンセプトのボディラインはアステリオンに受け継がれたっぽいからなぁ…
少なくともミウラとして出したりはできないだろな
発売してもアステリオンベース?

No title

V10とV12の間をうめるモデル・・・

ぶ、V11?(錯乱)
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示