スポンサーリンク

【忘れ去られたコンセプト】ホンダ アルジェント ヴィーヴォ ピニンファリーナ


ホンダ アルジェント ヴィーヴォ ピニンファリーナ
1995年に東京モーターショーのホンダブースにてピニンファリーナから発表されたホンダ・アルジェント・ヴィーヴォ
イタリア語で「流動する銀」と言う名のアルジェント・ヴィーヴォはアルミフレームを使用し、NSXから流用されたトランスミッションやサスペンション等をピニンファリーナが独自設計し2.5リッター5気筒エンジンを搭載しました。

ホンダは同時にSSMコンセプトと言うS2000の前身を発表しましたが、残念ながらアルジェントヴィーヴォは市販される事はありませんでした。



ホンダ アルジェント ヴィーヴォ ピニンファリーナ
ホンダ アルジェント ヴィーヴォ ピニンファリーナ
ホンダ アルジェント ヴィーヴォ ピニンファリーナ
ホンダ アルジェント ヴィーヴォ ピニンファリーナ
ホンダ アルジェント ヴィーヴォ ピニンファリーナ
ホンダ アルジェント ヴィーヴォ ピニンファリーナ
アルジェントヴィーヴォは電動ハードルーフで残念ながらS2000にはならなかったけど、ヘッドライトのデザインは現行のホンダみたいだね。

ホンダも20年前はピニンファリーナと一緒にこんなコンセプトカーを東京モーターショーで出展していたんですね。
実はこのアルジェントヴィーヴォはメルセデス・ベンツCLK GTR等所有するカーコレクターでブルネイ国王のハサナル・ボルキア氏によって4台のみ制造され当時のレートの2万ドルで納車されていました。

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

NSXのミッション使ってFRなわけないだろうけど、どうせドンガラだから関係ないか。

No title

何これかっけえ

2万ドルってたったの200万ちょいか(笑)

20年前の貨幣価値とレートで計算するから200万じゃないだろ

ホンダじゃなくてピニンのブースじゃなかったっけ?
当時のモーターショー公式VHSでしか見てないから忘れたけど

その頃でこのインテリアはシャレオツだなぁ。さすがにピニンだわな。

No title

Hマークで台無し・・・

20年前のレートでも200万ちょい。

200万ドルの間違いじゃなくて?

No title

今のFITかなんかのハンドル、このハンドルをもろ佐野ってるじゃん。

No title

やっぱ日本車は車体デザインじゃなくてロゴデザインですべてが台無しになるな
マジでレクサスとかアキュラとかロゴや車体のデザインをヨーロッパの有名デザイナーかカロッツェリアに依頼すべきだと思うわ
どれだけ車体デザインがんばってもロゴですべてが意味を成さなくなる
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示