スポンサーリンク

オープンカーなのに性能が向上したパガーニ ウアイラ R Evoがデビュー

パガーニはサーキット専用モデルのウアイラRの進化バージョンでもありオープントップモデルである、
パガーニ ウアイラ R Evo」を初披露しました。

基本的にクーペと比較し、オープンモデルは基本性能が劣化するんですが、パガーニ ウアイラ R Evoではダウンフォース性能がウアイラRと比較し5%増加しています。
パガーニ ウアイラ R Evo3 2024-2-9

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

ケーニグセグジェスコアブソリュートがスイスに納車!年内に世界最速記録に挑戦を表明

2019年に中止になったジュネーブモーターショーで発表されたジェスコアタックの最高速に特化した特別バージョン「ジェスコ・アブソリュート」がスイスチューリッヒにて納車された模様。

フルカーボンのアブソリュートにはナンバープレートが付いているので納車されたと思われますが、
ネイキッドカーボンだしこの個体はケーニグセグのSNSなどにもよく登場しているのと同じなので詳細は不明ですがとにかくナンバーを付け公道を走っているアブソリュートはこれが初めてとなります。
ケーニグセグジェスコアブソリュート5 2024-2-6

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

世界初の公道バージョンのパガーニウアイラRをマクラーレンF1 GTRを手がけた会社が開発決定

マクラーレンF1 GTRやP1 GTRの行動モデルを手がけたランザンテがサーキット専用モデルとして発売されたパガーニウアイラRの公道モデルに改造した特別バージョンを来年早々にも納車可能にする予定だと発表しました。

ウアイラRはウアイラのサーキット専用モデルでターボチャージャーを削除しV12自然吸気エンジンとなったパガーニの実験的な車両です。
ウアイラR公道4 2024-2-3

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

24金のアクセントと未塗装のカーボンボディのケーニグセグジェスコと初のRHD仕様が公開

世界限定125台のみ生産される予定のケーニグセグジェスコ。
前モデルのアゲーラRSでも数台ありましたが、ジェスコにも24kのゴールドを備えたワンオフの個体が公開されました。

このオプションだけでランボルギーニレヴエルトが買えるオプション6600万円が掛かっています。
24金ケーニグセグジェスコ3 2024-1-2

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

パガーニユートピアって凄い音するんやろなぁ〜 → 予想外のサウンドすぎて笑った

当初ハイブリッドをスキップしてEVになる予定だったウアイラの後継モデル「パガーニユートピア」
オラチオパガーニは車重1300kgを目指していましたが、現代のバッテリー技術では不可能だったので引き続きAMG製のV12ツインターボエンジンを採用しています。

ゾンダやウアイラは起動時のサウンドはかなり迫力あるサウンドでしたが、ユートピアではパワーオフのサウンドもあるようです。
Pagani Utopia1 2023-12-23

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示