スポンサーリンク

ケーニグセグ社長のシフトチェンジのクセがすごいんじゃ〜

サーキットでのシェイクダウンテストも終え、先日ほぼ量産仕様と同じプレシリーズを公開したケーニグセグジェスコ。
クリスチャン・フォン・ケーニグセグ自らジェスコを試乗する動画が公開されました。

ケーニグセグさんのシフトチェンジのやり方マジで美しすぎる
ケーニグセグ クセ4 2021-7-20

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

量産に向けプレシリーズプロダクションモデルのケーニグセグジェスコが初公開

ジュネーブモーターショー2019にてアゲーラRSの後継モデルとしてデビューした「ケーニグセグジェスコ
現在もまだ開発中でいくつかのプロトタイプが公開されていましたが、今朝プレシリーズプロダクションモデルのジェスコが初公開されました。
プレシリーズとはほぼ発売される仕様と同じ車でこれ以降大幅な仕様変更は行われず量産に向け調整されるだけの完成度が高い開発車両を意味します。
ケーニグセグジェスコ4 2021-7-16

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

パガーニウアイラの後継モデルC10は最後のV12エンジン搭載車として99台限定発売

パガーニはこの電化の社会に向け、ハイブリッドを飛ばして、いきなりEVへとシフトする事を既に予告しており、
ウアイラの次のモデルではマニュアルトランスミッションを採用する事を数年前から発表済みです。
パガーニはウアイラの後継モデル(開発コード名C10)を本来であれば受ネーブモーターショー2019で行われたパガーニ20周年記念イベントで公開する予定でしたが延期し、2020年9月にスイスで行われたクローズドイベントでC10のレンダリング画像をVIPにだけ公開していたと言われています。
パガーニC10 2021-7-1

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

ケーニグセグはEVだけでは環境問題を解決出来ない。バイオ燃料がカギとなる。

世界中でICEからEVへとシフトチェンジが行われ、現在スーパーカーも電気自動車化が進んでいます。
最先端の技術を持つケーニグセグはこれからの未来、二酸化炭素排出量を削減するための唯一の答えが電気自動車ではない理由を述べており、これからのバイオ燃料の大切さを述べています。

ケーニグセグは現在、アイスランドで発明された半活火山から生成されるメタノール燃料のVulcanol(バルカノール)に注目している様です。
ケーニグセグ 合成燃料3 2021-6-17

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

リマック、実は倒産寸前だった

EVハイパーカーで最も注目されているクロアチアの会社リマック。
現在はポルシェやヒュンダイなどと提携し豊富な資金を得て車を開発し、先日新型ハイパーカー「ネヴェーラ」も発表したばかりと絶好調のイメージですが、実は2017年に倒産しかけていた事をメイトリマックCEOがインタビューで答えています。
もちろん原因は2017年に発生したグランドツアー撮影中のリマックコンセプトONEに乗っていたリチャードハモンドの事故が原因でした。
リマック倒産寸前 2021-6-11

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示